日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和白海岸探鳥会報告 2011.10.09

定例探鳥会報告 和白海岸
 -和白海岸~海の広場~砂州~アシ原~唐原川河口左岸―
2011年10月9日(日) -快晴-
[観察鳥種] 26種  [参加者数] 18人

三連休の中日、暑いくらいの好天に恵まれましたが、日差しは秋の感じがします。見ると集合場所の公園のスズカケノキには、おびただしい数の実がぶら下がっていました。本日は海の広場から唐原川に向かうルートです。公園内でさっそくRKBの電波塔にとまるハヤブサを発見。人気の鳥です。参加者の皆さんが公園内で広がって望遠鏡をのぞきますが、残念ながら後ろ姿。ハヤブサの正面を求めるようにして住宅街を抜け、海岸に出ました。ちなみにこのハヤブサ、胸から腹の模様が縦縞の若鳥だったそうです。

111009和白海岸探鳥会しぶろぐ用_01スズカケノキの実
スズカケノキの実

海の広場にはボーイスカウトの団体が大勢いて、それと先ほどのハヤブサを怖がってか、鳥たちは砂州の向こうに小さな群れになって固まっていました。越冬のために飛来したばかりのオナガガガモをメインにヒドリガモ、よく見るとハシビロガモやマガモの姿も。まだ繁殖羽になっておらず、最初は慣れていない私には、種類どころか雄雌見分けるのも難しかったのです。しかし教えてもらってわかるようになると、去年よく見たカモの姿が重なって「ああ今年も来たんだなぁ」という気持ちになるのが不思議ですね。沖にはウミネコとアオサギもいました。残念だったのが、動力船禁止区域なのにウェークボードが二台も走り回って鳥をあわてさせていたことです。今回観察鳥種がそれほど多くなかったのは、ウェークボートのせいもあるでしょう。

111009和白海岸探鳥会しぶろぐ用_02カモの群れ   111009和白海岸探鳥会しぶろぐ用_03ダイサギ
カモの群れ               ダイサギ



「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

和白海岸探鳥会報告 2011.09.11

定例探鳥会報告 和白海岸
- 和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多 ―
2011年9月11日(日)    - 晴れ -
[観察鳥種] 22種 [参加者数] 14人

110911wajiro_party.jpg
よく晴れ渡って蒸し暑い、残暑の厳しい日でした。この暑さのせいか参加者は少なく14人。
集合地の和白公園で、熱中症に気をつけ水分をとること、今日は東日本大震災からちょうど半年経つことを担当のYHさんから話がありました。蒲生干潟で希少動植物の確認のニュースは記憶に新しいですね。これからも応援していきたいと思います。この暑さの中にも、秋を感じさせる少し色づいた桜の葉。
110911wajiro_sakura.jpg
和白公園ではイソヒヨドリを一羽見つけました。

この日は満潮直後だということもあり、鳥たちの足場になるはずの干潟がほとんど沈んでいました。鳥の気配は少なく、体の大きなアオサギやダイサギが悠々と姿をみせるばかりでした。鉄塔にカワウが一羽、ウミネコが牧の鼻方向の海辺に一羽浮いていました。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

和白海岸探鳥会報告 2011.07.10

定例探鳥会報告 和白海岸
- 和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多 ―
2011年7月10日(日)    - 晴れ -
[観察鳥種] 19種 [参加者数] 10人 

梅雨明け直後の晴れた日でした。猛暑のためか参加者は少なかったです。
1107wajiro_party.jpg
熱射病に気をつけて和白川河口から塩浜堤防を歩きました。
護岸の道は両側に植えられた樹木が茂り、クリークを見渡すことができず残念でした。期待したコアジサシのダイビングは見られませんでしたが、終始オオヨシキリの賑やかな声に励まされて歩きました。
1107wajiro_oyoshikiri.jpg
オオヨシキリは木の上で賑やかにさえずり、参加者を喜ばせました。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

和白海岸探鳥会報告 2011.05.08

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多-
2011年5月8日(日)-薄曇一時霧-
[観察鳥種] 32種 [参加者数] 26人

東日本大震災で被災され仙台から避難しておられた「蒲生を守る会」のUさんたちが、探鳥会の最初にお礼のご挨拶をされ、仙台に帰られました。蒲生干潟は地震と大津波で壊滅状態でしたが、その後海岸の砂の堆積が少し進み、潟湖状の地形が少し回復しているようで、シギやチドリも少しいたそうです。先月の義援金の協力のお礼も述べられました。蒲生干潟が早く回復するように応援したいと思います。

探鳥会は和白川方面に向かいました。センダンの花はつぼみがたくさん付いており、アキグミの花が香り、トベラの花が満開です。道ではタンポポの綿毛が見られ、コメツブツメクサやマツバウンランが花盛りです。和白干潟は海水がだいぶ満ちて来ています。マガモやオナガガモたちが少しいました。沿岸ではチュウシャクシギ5羽がさかんに干潟をついばんでいます。五丁川の奥の池ではオオヨシキリが鳴き出していて、初夏を感じさせます。


110508和白海岸探鳥会しぶろぐ用_01センダンのつぼみ   110508和白海岸探鳥会しぶろぐ用_02トベラ
 センダンのつぼみ         トベラの花

110508和白海岸探鳥会しぶろぐ用_03チュウシャクシギ
 チュウシャクシギ


                         “続きを読む”をクリックしてください

続きを読む »

和白海岸定例探鳥会 2011.04.10

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多―
2011年4月10日(日)-快晴-
[観察鳥種] 44種 [参加者数] 27人 

春爛漫です。集合地の和白公園の桜も満開です。

110410和白海岸探鳥会しぶろぐ用_01桜満開
     桜満開

東日本大震災から明日で1ヶ月です。被災された仙台から避難してきてある親子など3名の方も参加されました。仙台の蒲生干潟は地震と大津波で壊滅状態だそうで、様子をお話しいただきました。「蒲生を守る会」で保全活動をされていた方たちです。蒲生干潟支援のために急遽義援金を募りました。協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

朝の下見では干潮で、早朝から潮干狩りの人たちがたくさん干潟にいました。バケツいっぱいのアサリを採って帰る人もいました。干潮でしたので和白川方面に向かいました。畑の道ではタンポポやホトケノザ、カラスノエンドウ、スズメのエンドウ、オオジシバリなどが咲いています。カワラヨモギが美しい葉を出しています。

110410和白海岸探鳥会しぶろぐ用_02オオジシバリ
    オオジシバリ

                         “続きを読む”をクリックしてください

続きを読む »

« Prev|Top|Next »

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。