日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄界灘海鳥調査を行いました 06.04.09

玄界灘海鳥調査を行いました 06.04.09
4月9日(日)に玄界灘海鳥記録藩による海鳥調査がおこなわれましたので報告します。
最初は曇りの天気で心配しましたが、海上はベタ凪で海鳥をカウントするにはベストコンディションとなりました。
鳥影も多く、シロエリオオハムやオオハムなどのアビ類は、過去最高のカウント数でした。またオオミズナギドリも移動中と思われるものも含めてかなりの数が記録されています。
その他、特筆すべきものとして、ウミスズメは最大の群れで25羽、カンムリウミスズメ4羽も出現しました。
参加会員は13名。記録された種は16種、総羽数は5,891羽でした。(数値は速報値)
※集計の結果、記録された種は18種、総羽数は6,186羽となりましたことを付記致します。(大目付)

0604umidori4955.jpg
 ↑玄界島東にある岩礁のウミウなどの群れ
0604umidori4978.jpg
 ↑ウミスズメとカンムリウミスズメの小さな群れ
0604umidori4984.jpg
 ↑シロエリオオハムなどの大群
0604umidori4992.jpg
 ↑塩屋崎前の岩礁のウミウなど

□玄界灘海鳥記録藩 藩長□
□写真提供(ここまで):大目付□

《つづきもあるばい! Click below to enter!》
追加写真コーナー
kurage290.jpg
 ↑何種類ものクラゲがいました
hashirajima322.jpg
 ↑玄界島の裏側の柱島(だったっけ)
hashirau323.jpg
 ↑柱島(確か)のウミウなど
namishibu335.jpg
 ↑午前中は一時荒波も。あとはベタ凪
uhentai341.jpg
 ↑頭の上をウミウ小隊通過
ainou360.jpg
 ↑相の島のウミウ(略して "I know")らしき姿
mizunagibody371.jpg
 ↑途中回収したオオミズナギドリの亡骸

□写真提供(ここまで):新参の傘張浪人(?)□

« 動物写真家津田堅之介さんからのメール 2006年4月15日|Top|和白海岸探鳥会報告 06.04.09 »

コメント

追伸です。今回、玄界灘沿岸の約5時間航海で、海面に浮かぶビニール袋やプラスチックの浮遊物を数えました。計数器の数字は181でした。この数が多いか少ないかわかりませんが、少なくとも自然にはないものが浮遊しています。海鳥をはじめ、海の生きものたちが食べ物と間違えて食べることのないことを祈りたい。田字草

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/72-29edb8cd

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。