日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和白海岸探鳥会報告 2012.03.11

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多―

2012年3月11日(日)-晴れ、北西の強風、黄砂-
[観察鳥種]30種 [参加者数]14名  中潮(干潮5:23 満潮11:30)

 昨年3月11日の東日本大震災からちょうど1周年の日です。最初に参加者全員で被災された方々や自然への追悼と共に復興を願って、黙とうしました。晴れていましたが、強風でとても寒く感じました。奈多方面に向かいました。和白川河口からの沿岸には淡水ガモが少しずつ見られましたが、マガモとオナガガモがほとんどでした。繁殖期でどのカモも色や模様があざやかです。遠くの海の広場やアシ原沿岸には、多くのカモたちが集まっていました。ダイシャクシギも見られました。黄砂のためか遠くがかすんで見えます。塩浜の堤防の両脇は木々が密植してあり大きくなってきて、海もクリークもとても見えづらいのです。ちらちらと見ながら進みます。木々の下草にはシロツメクサやホトケノザなどの花が咲いていました。道端では、カワラヨモギの新葉がきれいでした。クリークにはコガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オオバンなどがいました。

120311和白海岸探鳥会しぶろぐ用_01シロツメクサ    120311和白海岸探鳥会しぶろぐ用_02ホトケノザ
シロツメクサ               ホトケノザ

「続きを読む」をクリック!

120311和白海岸探鳥会しぶろぐ用_03オナガガモとオカヨシガモ    120311和白海岸探鳥会しぶろぐ用_04ジョウビタキ
オナガガモとオカヨシガモ       ジョウビタキ

 五丁川河口の池のように広くなった水辺にはカルガモやオカヨシガモ、アオサギ、イソシギなどがくつろいでいました。アシ陰からバンも出てきました。ここは鳥たちがつどう場所のようでした。まだ寒いけれども畑の上空ではヒバリがさえずっていて、春を告げているようです。五丁川河口の海辺から見ると、奈多の沖合にはスズガモの群れが浮かんでいました。カンムリカイツブリの姿も見られました。ジョウビタキが1羽出現。付近の道端にはハマダイコンの花が咲いていました。

120311和白海岸探鳥会しぶろぐ用_05ハマダイコン    120311和白海岸探鳥会しぶろぐ用_06探鳥会のようす
ハマダイコン              探鳥会の様子

 満潮時でシギやチドリがあまり見られませんでしたが、来月の渡りのシギたちを期待しましょう。奈多まで歩いて鳥合わせをしました。

★参加者の感想★
・オナガガモの尾がピンと伸びてきれい。
・ジョウビタキがよかった。
・オカヨシガモは地味だが、上品ですてき!
・ダイシャクシギがかっこよかった。
・イソシギが尾を振っていてよかった。
・アオサギの羽の色がきれい。
・いろいろなカモが集まり、違いや雄雌の区別ができてよかった。

■報告:やま■

« 唐突ですが 12.05.29|Top|ヘラサギとクロツラ 12.03.12 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/667-d0e22257

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。