日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月能古島散策報告 2011.04.30

今回の参加者は、この散策が初めての4人を含め10名でした。この散策が始まってから二桁の参加者は初めてでした。曇り空で風があり、途中少し汗ばむ陽気でした。

港近くの公園で、コゲラの巣作りに遭遇、そーっと見学させてもらいました。地上から1.5m位でしょうか。無事子育てが成功してもらいたい。砂浜海岸では、あちこちでコチドリの姿と鳴き声、繁殖の季節です。海岸にはキアシシギも合計13羽、腹一杯食べて渡っていくのでしょう。

110430能古島しぶろぐ用_01コチドリ   110430能古島しぶろぐ用_02キアシシギ
①水辺で採食中のコチドリ    ②キアシシギがフナムシをいただいたようです

イソヒヨドリ、クロサギやミサゴの数が冬に比較して大変少なく、博多湾のどこか繁殖適地に移動しているようでした。


                         “続きを読む”をクリックしてください

冬鳥のツグミ、シロハラ、アオジ、シメ、チョウゲンボウ、そしてカモメ類が数を減らし、夏鳥のツバメ、キビタキ、アマツバメが現れ、渡り途中であろうキアシシギ、エゾムシクイ、サンショウクイにも出会いました。

定番の留鳥たちの中で、シジュウカラはいつも1羽に出会えるか、出会えないかというのに、今回は6羽の確認があり、囀りもしっかり聞くことが出来ました。

110430能古島しぶろぐ用_03ハマヒルガオ        110430能古島しぶろぐ用_04フデリンドウ
③ハマヒルガオが咲き始めていた    ④フデリンドウ、思索の森の中で
                          鮮やかな青い花を見せてくれた

110430能古島しぶろぐ用_05シュンラン        110430能古島しぶろぐ用_06アマガエル
⑤シュンランの花も一輪          ⑥草の中、アマガエルがいました

110430能古島しぶろぐ用_07ベニシジミ
⑦草地にはベニシジミもいました

象の瀬という岩礁がよく見える場所に、壇一雄の記念碑があり、その碑がよく読めませんでした。宿題となり調べました。

  「モガリ笛いく夜もがらせ 花ニ逢はん」

檀一雄は、1976(昭和51)年1月2日、九大病院で悪性肺腫瘍により63歳の生涯を終えた。 この句が辞世の句です。

次回は、5/22(日)、6時30分の船で渡ります。

◆報告:田字草◆
◆撮影:①⑥⑦梶原冴月/②鵲/③④⑤田字草◆

« 片江展望台探鳥会報告 2011.05.07|Top|5月の行事予定 2011.4.26 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/625-77f14072

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。