日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和白海岸定例探鳥会 2010.10.10

定例探鳥会報告 和白海岸 -海の広場~アシ原~砂洲~唐の原川河口左岸―
2010年10月10日(日)   -晴れ-
[観察鳥種] 24種 [参加者数] 20人

10月7日に和白干潟にミヤコドリが渡来しました。今朝の下見でも3羽が見られました。淡水ガモも200羽ほどを見ました。

集合地での挨拶後に、きっと見られると思って海の広場方面に行きましたら、海は満潮になっており、釣り人が入っていて、ミヤコドリもカモたちも消えていました。ショック!

RKBの鉄塔にはミサゴが止まっていました。海の広場付近にはホウロクシギの姿が見られます。和白海岸にはアオサが多くなってきました。満潮時なので海にはダイサギやアオサギの姿が無く、後背地の木々にたくさん止まっていました。

101010-01ダイサギ
 ダイサギ

                         “続きを読む”をクリックしてください

海の広場からアシ原を通って砂洲まで行きました。アシ原入り口付近ではウラギクが大きく伸びてつぼみをたくさんつけていました。少しだけ紫の花が咲き出していました。キンエノコロの穂もきれいです。クコ、ツユクサ、シロバナサクラタデなどの花が咲いていました。夏の花のハマナデシコもまだ少し咲いていました。

101010-02ウラギク  101010-03シロバナサクラタデ
 ウラギク             シロバナサクラタデ

しかし、アシ原奥のナンキンハゼの葉はもう紅葉しており、夏と秋が同居している感じでした。

砂洲からは海にヒドリガモが5羽浮かんでいるのが見られました。まだエクリプス羽で茶色っぽい色です。遠く奈多付近には、カワウの群れが浮かんで並んで行進しています。ウミネコも浮きに止まっています。

さらにアシ原の藪を進み、唐の原川河口左岸では、沿岸のハママツナの群落の中でカニを食べるホウロクシギ2羽を見ました。

101010-04ヒドリガモ  101010-05ホウロクシギ
 ヒドリガモ             ホウロクシギ

雁ノ巣の橋付近の上空を飛んで渡るカワウ200羽程の群れを見ました。さらに近くに飛んできたヒドリガモ30羽をよく見ることができました。探鳥会ではミヤコドリに会えず残念でした。

101010-06観察会風景
 探鳥会風景

(参加者の感想)
・ホウロクシギを近くで見ることができた。くちばしが長く、カニを食べる様子が観察された。
・ウラギク(ハマシオン)がきれいだった。
・イソシギがかわいかった。
・ヒドリガモがたくさんはっきり見られてよかった。

■報告:やま■

« 能古島散策参加記 10.09|Top|片江展望台ハチクマ観察終了! 10.10.11 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/589-3dfa7bf4

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。