日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物写真家津田堅之介さんからのメール《第1信》

【特集】動物写真家津田堅之介さんからのメール《第1信》
皆さん、2004年3月に油山自然観察センターで行われた福岡支部総会で、中国のトキの現状を講演してくださった動物写真家の津田堅之介さんを憶えておられますか。
彼からいろんなお知らせのメールが届きました。楽しいお便りですので皆さんにもぜひご紹介したいと思います。ただし私信がベースですので、一部山本が彼の承諾を得たうえで意図を尊重しつつ編集させて頂いたことを付記します。
(事務局 山本 勝)sarudango_tsuda.jpg
↑吹雪の中のサル団子 《第1信》
ご無沙汰しております。久留米の津田堅之介です。
 福岡は、寒かったり暑かったりで、変な天気が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
 この冬の風邪はとってもたちが悪いようで、昨年12月より全然治りません。まあ、ゲホゲホしながらも、ザックの中のペットボトルが凍る、-5℃の山の中へ行ったりしていたので、当たり前なのですが。しかしついに先々週は、高崎山でサル撮影中に気分が悪くなり、ふらふらでやっと帰宅し病院へ行くと、39度3分の高熱!!見事インフルエンザA型陽性でした。しかし、タミフルが恐ろしいくらいに劇的に効き、窓から飛び降りたり笑いながらトラックへ飛び込むことも無く、ほぼ完治しました。
先週は、久留米に出没しているはなれザルの撮影(おかげさまで大成功でした)と寒気団南下の予報に、喜びんで高崎山へ行き、吹雪の中のサル団子や焚き火にあたるサルを撮影してきました。
なお、このお手紙を書いているときに、良いニュースが飛び込んできました。師匠の栗林慧さんとTVの番組取材ために、エクアドルへ行くことがほぼ決定したようです。相手は、ヘルクレスリッキーブルー。ヘルクレスオオカブトの色彩変異種です。4月1日から、40日間行く予定です。エクアドルは、13年前一度だけ父とガラパゴスへ行ったっきりです。現地の旅行会社の方に、奥アマゾンはたいへん素晴らしい所だと聞いていたので楽しみです。TV局が、やっぱりや~めたと言わない限り、大丈夫だと思います 

 今日は、アニマ-レという福岡のペット情報誌に、「ボクは動物カメラマン」撮影日記裏話という、見開き二ページのフォトエッセイの長期連載のお知らせです。
 内容は、動物写真家を志した学生時代から、栗林慧・草野慎二両先生のアシスタント時代、そしてフリーになってからの、時には手に汗握るスリル満点の、またあるときは抱腹絶倒のずっこけ撮影裏話や、ボクの最終目的であります自然保護に関する話を、子供たちや一般の方達にも分かりやすく書きつづってみました。エッセイには、意外と知られてない動物の生態も紹介していく予定です。それを知っていただくことで、動物と人間の間の本当は避けることの出来る、トラブルを未然に防ぐ手助けになると思います。例えば、最近、久留米にサルが出没していまして、先ほど、新聞を見ていたら、青峰1丁目で窓越しに覗かれたのに驚いてサルが突進し、中学生が5針縫う怪我を負わされたらしいんです。
実は、サルがねぐらにしているボクの友人宅でも、お母さんが覗いたところサッシに飛び掛ってきたそうで(幸いガラスが厚くて事故にはならなかったのですが)、それで何とかならないかと相談を受けたのですが、サルの習性と接し方をお話すると安心されて、よそに追っ払うとそこでまた騒ぎになるだろうし、何もしないならいても良いから様子を見ると言われ、その後は何のトラブルもなくほっとしていたのですが。 結局、サルは有害駆除されることになりました。ボクは過激派的な動物愛護主義者ではなく、あくまでも人間と動物の共存推進派なので、人的被害が出たのですから、それも仕方ないと思うのですが、サルの習性を知っていれば、避けられた事故だと思うのです。被害にあった中学生はもちろん可愛そうですが、サルも撃たれることになったわけで、双方にとって不幸な結果となり非常に残念です。

エッセィに加えさらに「あなたも今日からフィールドワーカー」というタイトルで、足跡や糞など、野生動物の痕跡の識別についてのコーナーも作りましたので、ペットだけではなく、野生動物に興味がある方にも楽しんでいただけると思います。 
ボクの連載が始まるVol.2は、2月15日(毎月15日)発行です。
ボクも自分の写真とエッセイを、一人でも多くの方に見ていただきたいと思います。

この雑誌は、1月に創刊されたばかりのフリーペーパーで、編集スタッフの皆さんも置いていただける場所を開拓中です。この雑誌の手に入れ方はアニマーレのホームページ
http://www.animare.co.jp/maga/index.html
でご確認ください。」また「アニマーレ」は見てくれた友達が、ブログで紹介してくれました。ブログの女王、眞鍋かをりの認定付きの人気ブログだそうです
http://blogs.yahoo.co.jp/sachikorobin9/27205488.html
こちらもぜひご覧ください

津田堅之介生物生態写真研究所
 日本写真家協会(JPS)会員
 日本哺乳類学会会員
  津 田 堅 之 介
  福岡県久留米市

« 動物写真家津田堅之介さんからのメール《第2信》|Top|2005年度福岡支部総会 @油山 2006.03.26 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/56-8f6ee3f6

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。