日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例探鳥会報告 和白海岸 2010.01.10

- 和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多 ―
-曇り- [観察鳥種] 61種 [参加者数] 26人 

2010年最初の探鳥会です。遠く広島県や岩国市、田川市からの参加がありました。
田村副支部長挨拶のあと、引き潮なので、和白川の堤防方面へ行きました。
1001wajiro_party.jpg
和白川河口にはヒドリガモがたくさん休んでいます。辺りのセンダンの木々にはムクドリが群れていて、実を食べていました。
1001wajiro_sendanmi.jpg
干潟にはオナガガモやマガモなどの淡水ガモがいて、ミヤコドリ9羽やダイシャクシギ、クロツラヘラサギも確認しました。
1001wajiro_kurotsura.jpg

「続きを読む」をクリックしてね!

遠くアシ原付近にはハマシギやシロチドリも群れていました。ツクシガモも多くいました。
堤防の道ではアキグミやトベラの赤い実が生っています。
1001wajiro_tobera.jpg
 ↑トベラの実
センダンの枝には冬芽のお猿さんの顔がたくさんできていました。
1001wajiro_sendanme.jpg
草は枯れていましたが、カワラヨモギには柔らかな新芽が出ていました。
クリークでカワセミが2回飛びましたが、スーッと青い筋を見た人はわずかでした。クリークにはコガモやカルガモ、ハシビロガモなどがいましたが、近づくとすぐに飛び立ちます。
1001wajiro_karugamo.jpg 1001wajiro_hashibiro.jpg
ホオジロやジョウビタキ、ミヤマガラスなどもゆっくり見ることができました。
1001wajiro_hojiro.jpg 1001wajiro_jobi.jpg
和白海域の沖ではスズガモやカンムリカイツブリもいましたが、少し前よりもかなり少なくなったように感じました。その中でホオジロガモは多くいたようです。
塩浜展望台下の砂浜にはちぎれたアオサが流れ着いていました。
1001wajiro_aosa.jpg
奈多海岸ではオカヨシガモが多く見られました。和白海域の中でも、場所によって見られるカモの種類が違います。カモにも場所に好みがあるのでしょうね。
奈多で鳥合わせをしました。曇り空でしたが、昨日までの寒さが和らぎ暖かな探鳥会でした。

(参加者の感想)
・ミヤコドリやツクシガモが見られてよかった。
・いつも小鳥を見ているので、カモたちが大きく見えた。
・ホオジロガモやスズガモがきれい。
・ミヤマガラスやカワセミが見られてよかった。

□レポート:やま□

« 瀬井俊和さん野鳥写真展|Top|【お知らせ】講演会「糸島の歴史的風景」時の野鳥写真展示 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/539-f3dcca78

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。