日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例探鳥会報告 和白海岸 09.07.12

探鳥会[観察鳥種] 23種 [参加者数] 16人
梅雨の中休みで、気温も上がる晴れの天気でした。蝉が鳴き始めトンボが舞う中、今月の和白探鳥会は始まりました。集合場所で今日の見所の解説をして頂いた後、明らかにスズメと違う鳴き声がします。公園の中を飛ぶ鳥が居ました。カワラヒワです。桜の実を無心に食べていたので、じっくり観察できました。

和白川の河口にはトキワススキが穂を出していました。今日は風が強く波も高く潮も満ちていて、干潟方面には余り鳥が居ませんでした。ダイサギ、アオサギ、コサギなどが一羽ずつとちょっとさびしい感じです。カラシラサギはどこかへ行ってしまったのでしょうか。

トキワススキ
河口沿いの道を歩くと聞きなれない声がします。シジュウカラの地鳴きとのこと。シジュウカラはいろんな鳴き声があるんですね。
堤防の道端にはシロバナシナガワハギが咲いていました。シロツメクサも満開です。
クリークを覗きますとバンが姿を見せました。警戒心が強く、直ぐに対岸の木の根元に隠れてしまいました。手前の岸からは「クェッ」という声が。これもバンの声だそうですが、姿は見えません。

バン
対岸の大きな草に何かぶら下がっています。こちらもカワラヒワでした。羽に映える黄色い紋が鮮やかです。
五丁川の河口では、ヒバリが一羽飛んできました。ヒバリもさえずりをしなくなっていますので、存在感が薄くなっています。
一方、セッカはまださえずりをしています。
また、沖にはカルガモが居たそうですが、私は見つけられませんでした。
五丁川の右岸では、ポンプ場の中にぼさぼさのハクセキレイが居ました。柵の向こう側ですが、我々の気配に気づいていないのか、逃げるそぶりはありません。巣立ちしたばかりの当歳なのかもしれません。道端にはハマナデシコの花がピンクの色を添えています。右岸河口に来ますと、何度も浮いたり潜ったりを繰り返すカワウを見ることができました。その後、少し奈多方面へ行った木陰で鳥合わせをしたのち散会となりました。

ハマナデシコ
 (参加者の感想)
・コチドリの鳴き声がかわいかった。
・鳥を見るのは初めてでした。くちばしの赤いバン、カワラヒワがかわいかった。
・カルガモが海にいるとは思わなかった。
・名前はカワウだが海にいるんですね。
・少年が鳥に詳しくて驚いた。

■報告:ヒデ■

« 植物園で第2回 野鳥写真展 計画中!|Top|春日公園探鳥会 報告 09.07.07 »

コメント

ハマナデシコ

ハマナデシコの色が夏らしいかどうか。
う~ん、ムツカシカですね。夏に咲く花と知っていればそう感じてもおかしくも何ともない気もしますですね。
ちゅうか、ヒデさんはそれが色を添えているとお書き下さってますんで尚更問題ないかと。
葉っぱが「ハマ」らしいというのは間違いないと思います(笑)。
和白も久々に行きたいな~。

ハマナデシコの花の色、夏らしい色かなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/510-6e657c4c

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。