日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能古島散策09.02.23

今月は、早くも春の訪れを満喫する能古日和でした。
海上では、セグロカモメやユリカモメ、ウミネコが漁のおこぼれをもらおうと集まっているようすが観察できました。
能古島に到着して、シロハラやジョウビタキなどの冬鳥を観察しつつ、海沿いを歩いていると、クリーム色のコロコロとしたキノコのようなものを発見!!しかも、大量!!
090223-01.jpg 090223-02.jpg 090223-03.jpg
ハマユウです。こんな実が落ちるなんて知りませんでした。新しい発見♪

また、スイセンが満開で、いい香りでした(写真:左)。花粉症の方もこの香りに包まれて、落ち着くのではないでしょうか。花に見とれていると、海には、ウミアイサ(写真:中)のつがいやカモメ、ハジロカイツブリの群がいました。カモメはだいたいいつも同じ場所にいます。見所満載です!!しかし、いつもみかけるミサゴがこの日は見られませんでした。 ハマダイコンの花も咲いていましたよ(写真:右)。
090223-04.jpg 090223-05.jpg 090223-06.jpg

ある1匹のネコが私たちの横を通りすぎようとしました。「あれ?先月浜辺で用をたしていたネコに似てる・・」(参照:先月の能古島散策の報告の一番最後の写真) 不機嫌そうにこちらを見ていました。
暖かい雨で目を覚ましたのか、ナメクジも出てきていました!
浜辺には、シロチドリの群が休んでいます。さて、何羽いるでしょう??冬羽から夏羽に生え変わる子もいました。
090223-07.jpg 090223-08.jpg 090223-09.jpg

「続きをクリック」してください! 12センチほどの大きなナメクジもいました。それにしても美しい色合いでした。
クサイチゴの花も咲き始め、昼食時に座ろうとした丸太のイスからはかわいらしい芽吹きも見られました。この写真を撮っているとき、ハイタカが上空を飛んだらしいのですが、この小さな芽吹きに一生懸命でした(汗)。
090223-11.jpg 090223-12.jpg 090223-13.jpg

先月と同じ場所でシメにも会えました。木にとまっていましたが、地面におりて何かついばんでいました。‘豆回し’の俗名があるだけに嘴で器用に食べます。
切り株を覆いつくさんとばかりにカワラタケの仲間が密生し、自然の不思議さを感じました。なんでこんな形になるんだろう・・。 海上を見下ろすと、ハヤブサが元気に飛んでいました。そろそろ繁殖に入るのでしょうか。楽しみです。
帰りは、ハゼノキを訪れるエナガを観察しているとムギマキに出会えました。胸のオレンジ加減などで若いオスのようです。個人的に久しぶりに見たので、嬉しくて嬉しくて・・。最後にヒドリガモを近くで観察しながら、今月の散策は終わりです。なんと、57種もの来月くらいから昆虫もぞくぞく出てくれるといいなぁ。
090223-10.jpg 090223-14.jpg 090223-15.jpg

■報告:やまらん■

« 追加!能古島散策09.02.23レポート|Top|定例探鳥会レポート 久末ダム(08.12.27) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/495-ea729fb0

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。