日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例探鳥会報告 和白海岸 08.09.14

-和白川河口~五丁川河口~奈多―
2008年9月14日  -晴れ-
[観察鳥種] 25種  [参加者数] 14人

080914wajiro_party.jpg
今朝の和白干潟は大潮で満潮時のため干潟はほとんど見えない状態だということで、今回も和白川方面へ向かいました。
道端にはヌスビトハギやメドハギ・シナガワハギなどの花が咲いていて、秋の気配です。
080914wajiro_nusubito.jpg
干潟のあちこちにアオサの島が浮いていて、アオサギやダイサギが島の上で羽を休めていました。
080914wajiro_aosa.jpg

「続きを読む」をクリック!
またテレビ塔のワイヤーの上にはミサゴがとまっていました。
080914wajiro_misago.jpg
堤防の街路樹には、メボソムシクイ、コサメビタキ、イソヒヨドリなどの鳥たちが現れました。またクリークを見ていると、遠くの水面へダイブした鳥がいました。カワセミです。他にも、バンやカイツブリがいました。

五丁川河口では、ツバメがたくさん乱舞していました。ここで集団を作ってから南へ渡るのでしょうか。アゲハチョウやウスバキトンボも見られました。海には遠くまでアオサの島があり、その上やブイの上にサギ類やウミネコがとまっていました。
さらに進んで、奈多のクリークも見に行きましたがこちらも満潮で干潟がなく、期待していたシギ・チドリを見つけることはできませんでした。奈多の道端にはツルボの花がたくさん咲いていて、とてもきれいでした。
080914wajiro_tsurubo.jpg

残暑は厳しいものの真夏ほどではない天候でしたので、最終の奈多の目的地まで到着できましたが、鳥の数、特に渡り鳥の数は低調でした。
次回に期待したいと思います。

<参加者の感想>
☆イソシギをゆっくりみることが出来てよかった。
☆見たことがないほど多くのダイサギやアオサギを見ることができて感激した。
☆バンが岸にあがり足まで見られ、きれいだった。
☆カワセミを一人だけ見ることができ、ラッキーだった。

□報告:ヒデ□

« 能古島散策 08.09.16|Top|片江展望台ハチクマ観察スタート 08.09.15 »

コメント

写真のヌスビトハギに似ている植物、葉っぱの様子などからアレチヌスビトハギ(帰化植物)みたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/442-10f0c127

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。