日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急投稿 福岡空港問題で国交省が代表案提示

●08.08.12地図を付加しました。

2008年8月7日福岡空港の過密化対策で国土交通省は代表案を9月に地元提示する内容を決めました。

(1)空港西側210m地盤上げ新滑走路案
(2)三苫新宮沖の海上案
(3)志賀島二見岩付近から海ノ中道シオヤ鼻にかけての海上案
の3案です。
080807kukokiji_nns.jpg

福岡支部では平成19年3月に「玄界灘海鳥調査総合報告書」を上申したのも記憶に新しいところですが、上記の(2)(3)案の海域はまさに、私たちが調査しシロエリオオハムやオオハム等のアビ属、ウミアイサ、ハジロカイツブリ、ウミスズメ、シノリガモ、クロガモ、オオミズナギドリ、カモメ類といった冬鳥たちの大切な越冬および渡りの中継地と確認されている場所です。
参考に、上記新聞記事中にある配置案の地図と、総合報告書(10ページと11ページ)にも収録された「アビ類・ウミスズメ類の分布図」を単純に重ね合わせた地図を作ってみましたのでご覧下さい。
(2)(3)案いずれの場所も「最も大切な場所」のひとつであることがおわかり頂けると思います。
wbsjfumidori_mixed_final.gif
 ※赤い四角が(2)(3)案の空港部分、海の中にプカプカ浮いているような
  丸っこい白線の囲みが総合報告書にもある「アビ類・ウミスズメ類分布域」です。
  方位は上が北です。(作図実行犯:管理人M)

9月にはいると、福岡空港調査連絡調整会議(国・福岡県・福岡市)に案が示され、最終検討に入るようです。

会員の皆さんも是非関心を持って調査報告書の内容を関係機関に事あるごとに発言していただけませんか。

あとで後悔の無いようにしたいものです。

□本のむし□

« 定例探鳥会報告 和白海岸 08.08.10|Top|残暑お見舞い申し上げます 08.08.10 »

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントありがとうございます

本当にcosmoさんは純粋な方のようですね。
私はそこまで清い心はとても持ち合わせておりませんが、「せめて」という欠片くらいは持っていたいと思っています。
「誰に」というのは具体的になくても「生かされている」と考えるのが日本人の特徴のひとつだったことがあると思いますね。
確かに、人のために滅するものを救えるのは人の行いか、または人が滅するかいずれかだけかもしれませんです。
私も人のはしくれとして後者は選べませんから、前者しかないと思います。

地球はひとつ

 管理人様、心強いコメントありがとうございます。
全く同感です、代弁していただいたような気持ちです。

 時々宇宙から、瑠璃色でマーブル模様の地球を見る
状態を想像し、視線が地球にどんどん近づいてゆくと、
青い海に浮かぶ地上が見え、国境はどこにも見えません。
そして種々多様な動植物が精一杯生きている営みが
目に浮かびます。
更に、地球の中心には鼓動するマグマが見えてきます。

 かけがえのない地球はひとつしかなく、動植物をふくめ
みんな住まわせてもらっていることを思い出す瞬間です。

 朱鷺やクロツラヘラサギのように人の目に止まった種も
あれば、人知れず絶滅した種も多いことでしょう。
自然界の淘汰ならば仕方ありませんが、人間の犠牲になる
動植物を守るのは、やはり人間にしかできないのでは
ないでしょうか。

 

cosmoさんへ

熱いコメントありがとうございます。
人が人の利益(特に一時的な金銭的なもの)だけのために他の命を犠牲にしてきたというのは歴史的な事実だと思います。そのおかげで絶滅してしまう生き物は毎年4万種にのぼっているそうです。
そのことだけを考えても、このまま行けば地球上の生き物の種類が減り、多様性が薄くなって行き、果ては人間の食べ物である生き物も減ることは明白だと思います。
「地球温暖化の原因は実はCO2の影響は薄い」などとぶちあげて更なる開発を進めようとする経済屋まで出てきていますが、私は個人的にはそういう因果関係はどうでも良いと思います。
山の神、海の神、川の神といった言葉で表される自然への畏敬の念、あるいは尊重する気持ちがなくなって「あれもこれも全部人間の所有物だ」ということになってしまっていること自体が既に問題で、そういう「常識」が「人の豊かな未来」に繋がっているはずがないと思います。
玄界灘に立ち寄る海鳥たちの中には必要な環境が失われれば絶滅の恐れがあるものも含まれ、これらをさらに追い込むことになることをやることは、とても人にとって有益だとは思えません。
「不便だから解消する」のも人知ですが、「不便を敢えて残し、やり繰りする」ことも立派な人知だと思います。
と言っても政治屋さんも行政屋さんもおおっぴらに「やり繰りは致しません」とノタマワる世の中ですからねー。既に人知は果てようとしているかもしれませんね。

絶対反対新福岡空港

はじめまして、三苫在住のcosmoと申します。
本日和白干潟の観察会で、貴HPの存在とあわせて
報告書を上申なさった事を知り、メールさせていただきます。
 主張される内容に、賛同いたします。
 和白干潟で餌が足りず、命を落とした野鳥のことを思うと
胸が痛みます。 ましてや新福岡空港のせいで、十分に
憩う場がなくなるなんて、考えられません。
海がめやスナメリと同様に訴えてゆきます。
 
 現代では人間が地球を自由にできる、海なんて所有権が
ないから、漁業権の対応さえすればもめずに着工できると、
政治家をはじめ、それに従う行政は単純に思っているので
しょうか。

 皆さんから勇気をいただきました。ありがとうございます。私
なりに、微力ながら、皆さんのお知恵を拝借しつつ勉強して、
反対の意思を伝えて行きたいと思います。

 貴会の益々のご活躍とご繁栄をお祈りいたします。

 N.Sさん、本日はありがとうございました。

皆さん、いろいろな場所や機会をとらえて、玄界灘海域にたくさんの水鳥が生息していることを伝えて欲しい。
私もいろいろな機会をとらえて広報したいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/429-877343d9

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。