日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例探鳥会報告 和白海岸 07.07.08

定例探鳥会報告 和白海岸 2007年7月8日

-和白海岸 和白川河口~五丁川河口-
-曇りのち雨-
[観察鳥種] 17種
[参加者数] 16人
[担当者] 山本廣子、持永俊行、守田敬枝
 
梅雨空のもと福岡工業大学生3名をはじめ、16名の方々が集まってくれました。
0707wajiro01_kansatsu.jpg
鳥たちも少ない時期です。期待される鳥たちを紙芝居で紹介し、鳥に会いたい気持ちで観察にでかけました。

干潮時でしたので、和白川の堤防の方へ行きました。
和白川にかかる橋を渡ったところで、下を見ると何かが手招きしています。
0707wajiro_hakusen.jpg
片方のはさみが大きな絶滅が心配されているカニ、ハクセンシオマネキが見つかりました。自分の体より大きなはさみを振っています。もう片方は申し訳程度に小さな小さなはさみ。これは食事用だそうです。

↓続きを読むをクリック!
RKBの鉄塔中ほどにハヤブサとミサゴが止まっていました。
0707wajiro_hayabusa.jpg0707wajiro_misago.jpg
ハヤブサは久しぶりの登場です。

0707wajiro_hamanadeshiko.jpg
 ↑ハマナデシコ

潮が引いた干潟、遠く唐の原付近に50数羽のサギの群れ。ほとんどダイサギで大半が冬羽に変わっています。
雨あしが少しずつ強まる中、30羽ほどのスズメの群れとハクセキレイが若鳥も混じってあちこちで飛び回っている姿が見られました。土手の道端にはハマユウの大きな花が咲いています。
0707wajiro_hamayu.jpg
トキワススキも赤みがかった穂を出し始めています。
0707wajiro_tokiwasu.jpg
堤防脇には可憐なコマツヨイグサが黄色い花をつけていました。
味気なく整備された堤防では、野草・雑草の繁茂した道を歩いていた頃が懐かしく思われます。

いよいよ本降りになり、期待のコアジサシは飛ばず、傘をさして鳥合わせをして五丁川付近で早めに解散しました。

□報告:たか□

« 九州・沖縄ブロック大会2008福岡大会のお知らせ(07.07.12)|Top|野鳥の会九州沖縄ブロック2008大会は福岡 (07.07.08) »

コメント

このミサゴ、1羽ですか。
なにをしているのでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/310-c084d2d3

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。