日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能古島まだまだ延長戦 07.05.14

能古島まだまだ延長戦 07.05.14

5月14日(月)
渡っている野鳥に遭遇したため長時間散策となりました。渡船上ではコアジサシの小さな群れを、島に渡ってから小さな岩礁でキアシシギやイソシギを見かけました。島の南西にある棚田の周辺からホオジロの仲間シマノジコが見え隠れ、
070514noko_01kiiro.jpg
  (写真提供:カケ)
エゾビタキの小さな群れ、
070514noko_02ezobi.jpg
  (写真提供:やまらん)
時々上空をさーっと飛ぶ猛禽類、山頂ではアカハラダカも近くで観察し、キビタキやマミジロの姿、フクロウの声も聞くことがました。スズメの数も多かったし、
070514noko_03suzume.jpg
  (写真提供:カケ)
ウミウもまだ居残りがいました。
070514noko_04umiu.jpg
  (写真提供:やまらん)
お陰でいつもよりも長時間観察することが出来、52種の観察となりました。
やまらん曰く『今月の散策は、わたしにとって最長時間の10時間におよぶ散策でした。
耳を澄まさなくても聴こえる、ハマのヒバリのさえずりも聴けましたし、
070514noko_05hibari.jpg
  (写真提供:やまらん)
海上をビュンビュン飛ぶ数百羽のヒヨドリの黒雲も見られましたし、海岸の石にくっついていたキアゲハの必殺技の匂いも嗅げましたし、クサイチゴが場所によって味が違うのも気付けましたし、思いっきり五感で楽しめました。鳥見暦2年生は、初めて見た鳥が4種。アカハラダカ、エゾビタキ、キマユムシクイ、シマノジコ。ハシボソガラスの幼鳥も初めて見ました。
20070518015223.jpg
  (写真提供:やまらん)
親鳥と思われる成鳥と仲良さそうに並んでいる姿を見ると、のほほんとしてきます。また来月の散策が楽しみです。能古島の蚊は最強なのでそろそろ虫除けをしなきゃいけない季節ですね。』

報告は田字草でした。

« 能古島まだまだ延長戦追加 07.05.14|Top|春の渡り観察 @志賀島 07.05.12 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/291-fb6db684

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。