日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈多小学校出前探鳥会報告 07.01.11

奈多小学校出前探鳥会報告 07.01.11

晴天に恵まれた1月11日午前中、東区の奈多小学校の5年生の皆さんと総合学習の授業としてバードウォッチングを出前しました。
支部会員の皆さんもあまりご存知ないかもしれませんが、福岡支部ではこういった要請があれば「出前探鳥会」としてお応えしています。奈多小学校など数校へは毎年定例のように出前しているとのことです。
奈多小学校は支部定例の探鳥会でお馴染みの和白海岸の北部に位置し、学校の裏は海という立地です。下見も必要なかったと思うくらい鳥だらけ(!?)で、「お仕事でなかったらな~」というのが本音というくらい絶好の鳥見日和でした。
対応したのは和白のベテランKさん、Tさん、やはり地元のNさん、それに私管理人Mの4名。4つの班に分かれてじっくり観察をしました。

日頃から学校のまわりの自然を観察してまとめているとのことで、この日もテーマを持って臨んでくれました。そのテーマは、
・正しい観察の仕方・双眼鏡の使い方
・野鳥の観察・飛んでいる様子や食べ物を食べている様子など
・どんな鳥がいるのか
・なぜ、この時季にこの辺に野鳥がたくさんいるのか。
・どこから飛来してきて、いつ頃、どこへ行くのか
など具体的です。つまり、ただ鳥を見るだけでなく、生態に迫ってより詳しく知って、奈多の環境を守って行こうという地域の願いから出たもののようです。
ヨカことですね~。気合いも入りますが、力を抜いて楽しく楽しく。
そんなこんなで校庭でNさん指導のもと双眼鏡の使い方練習をしてから外へ。
校門から出て何歩か行ったところの海岸沿いの潮受け用でしょうか、川状の場所(以降「川」と表現します)の脇からカモを標的に双眼鏡観察実践開始です。
「何がおる?どんな色?何しよ~?」と尋ねると、「カモ~!」「頭が赤い」「何か食べよ~」「うわ~、よ~見える」と反応が大変ヨロシイ。さらに「頭が赤いだけ?」「何食べよ~ごと見える?」と言うと「真ん中が黄色」「草みたいなの引っ張りよ~」と一歩進んだ観察もやってくれる子も。声も気にして観察できました。予想外(失礼!)の反応の良さに驚いたのでした。
ちなみにこのカモはおわかりと思いますが、ヒドリガモ(♂)です。一緒にいたコガモや近くに来たハクセキレイも観察してくれてみんなイキイキ。
先生が予め用意して下さった記録用紙に全員が何か書いたのを確かめてから「もうあんまり書かんでも良いけん、楽しく見ろうね」とまた少し移動。海と川の間の歩道へ。
右は海鳥がわんさか、左も近いところに食事中の鳥が。
何をスコープに入れようかと思っていると背中で「ピーピピ」とカワセミの声。飛んで来るところから見つけて目で追っていると、川の対岸の小枝に止まってくれました。すぐにスコープで姿を捉えてまずは先生に。「3秒ルール」で次々と見てもらいました。
カワセミはやはり人気者ですね。みんなの反応は書くまでもありません。でも、こんなに近くにカワセミがいることはみんなあまり知らなかったみたいでちょっと意外でした。(ガンバリマショウ)
見られなかった人ゴメンナサイ。でもいつも見よったらすぐに自分で見られるようになるけんね。
川のコサギにも「うわ~っ、白か~」「何で脚ばブルブルさせようと?」「魚取るっちゃろ~?」と観察も板について来たようです。(ヨクデキマシタ)
ほかにオナガガモ♂の首のおしゃれな白い模様などを観察してから今度は北側の船着き場のある浜へ。移動中も校庭海沿いの道路脇でホオジロの姿と声に注目。
浜へ出るとカモがいっぱい。思わずみんな駆け寄ってしまって少し遠くへ移動されてしまいました。海辺は最高の遊び場環境ですが、危険のため「子供だけで行ってはならない」場所に指定されいるそうで、この興奮もしかたなしですね。次からはそっと見ましょうね。
ここでは浜に近いところにヒドリガモ、ツクシガモなどの陸ガモが、少し沖合にはホオジロガモ、キンクロハジロなどの海ガモが。それもたくさん。
ちょっと距離があったのと逆光で見えづらかったですね。それでも「アオサ食べよっちゃないと?」「潜って何すると?」「遠くにおじさんが座っと~」と観察は素晴らしい。すでに双眼鏡観察の味を覚えた子は陸側の木のムクドリやヒヨドリを見て「赤い実(マサキ)ば食べた」などとしっかり見てくれていました。何も言うことありません。立派なもんですね。
あっと言う間に昼が近付き、予定終了。校庭へ戻ります。
質問コーナーでは7-8名の子供たちが鋭い質問をくれました。
「1羽だけのよりも、集団の姿を多く見たけど、それはどうしてですか?」というのもありました。「集団だと得なことは何でしょう?」と逆に質問すると別の子から「襲われんように!」の声。こんな具合に話のキャッチボールもうまく行き、本日のテーマがしっかりできていたことも確認できました。(タイヘンヨクデキマシタ)
この日から再開されたらしい給食「お雑煮」もご馳走になりました。大変美味しゅうございました。(岸朝子風)
先生方お世話になりました。ありがとうございました。
鳥はいっぱいおるし、天気は良いし、子供たちは元気にしっかり反応してちゃんと観察してくれるしで何かこちらが得した気分でした。

この日見られた鳥(子供たちと共有)
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、ツクシガモ、コガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、スズガモ、コサギ、アオサギ、オオバン、ミサゴ、カワラバト、カワセミ♀、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、スズメ、ホオジロ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
の24種
0701hidoriasahi279.jpg0701hidoritsukushi276.jpg0701tsukushi282.jpg
0701obanaosa299.jpg0701hajirokaitsuburi294.jpg

下見を含めてこっそり私たちが見ていた鳥
ヨシガモ、ホシバジロ、ホオジロガモ、クロツラヘラサギ、イソシギ、キジバト、トビ、シロハラ、ツグミ、メジロ、カシラダカ、カワラヒワ
の12種(全部で36種)
0701hojirogamo297.jpg0701tobi303.jpg

※写真はすべて会の前後の時間に撮影したものです。
 (授業中はそげな余裕がありませんでした)

□報告:管理人M□

« 今年はレンジャクの当たり年かも 07.01.22|Top|宝満川支流散歩記 07.01.15 »

コメント

田字草さんへ

恐れ入りやす~。
どうも長くなってイカンと思いつつも、あの場面もこの場面もと触れたくなるものが多くてこげんなってしまいました。
もっと多くの会員さんにもこういう場を経験して欲しいと思うくらい面白かったですね。
何しろやっているこっちが勉強になりますし。
将来的には支部会員で公募というのも良いななどと思いました。

大変具体的な報告に感謝です。どんな出前だったのか、よーく伝わってきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/247-b8787a46

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。