日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風13号の影響 06.09.18

台風13号の影響 06.09.18

強い台風13号が、まさに台風の特異日・9月17日に九州北部を直撃しました。福岡の最大瞬間風速は49メートルで、観測史上第2位。福岡では15年前の19号台風より、強い風が吹きました。
皆さんは、大丈夫だったでしょうか。
私は仕事柄大忙しで、当日の朝から、翌日明け方までの勤務。ようやく開放されて、自宅に戻り眠りに就いた途端、朝7時すぎに携帯電話のベルでたたき起こされました。。「何か大被害!?」と思って電話に出ると、大きな鳥が台風で傷ついて動けなくなり、福岡市西区野方で保護されているとのこと。これは、いくら眠くても現場に向かわねば!

住宅地の中にある集会所のグランドにいた鳥は、アオサギでした。地元の子どもたちが心配そうに見守っています。
大きさや冠羽がないことなどから若鳥のようです。その場から動けず、ゴァーゴァーと痛そうに鳴いています。
060918aosagi01.jpg060918aosagi02.jpg060918aosagi03.jpg
何と、左足を脱臼し、右の羽は付け根が裂けていました。そのうちその場にしゃがみ込んで、さらに弱っていくよう。台風の暴風で吹き飛ばされてしまったのでしょう。

この日は祝日だったため行政は休みでしたので、我々でアオサギ君を段ボール箱に入れて福岡市動物園内の動物病院に運びました。診断は全治一か月。ただ人と違って鳥は、安静にしろといっても、その通りにしてくれず、結局弱って死に至ることもあるとのこと。何とか早く元気になって欲しいです。

□龍山康朗(RKBお天気)□

« 今津湾シギ・チチェック 06.09.18|Top|片江展望台の様子 06.09.14 »

コメント

お疲れ様でした

Tさんはじめ救助隊の皆様、お疲れ様でした。
若鳥とのこと、若いモンが生き抜いていくのも、この世界では大変なこと。今年生まれの若いモンにとって、この台風は最初の試練だったかもしれませんね。
南公園の野鳥舎には、一つ屋根の下にいろんな傷病鳥のうち野に放せなかったのが飼われているようです。

ご苦労様でした。アオサギ救出に参加された皆様に感謝します。みんながこういう気持ちで、生きものに接してもらえばと思いました。鳥も大変な大風だったのでしょうね。
片江展望台の桜の大木も太い幹が折れていました。ちょっと風景が変わりましたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/180-eb494f8d

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。