日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尋ねします。(幼鳥同定、保護方法) 06.07.10

お尋ねします。(幼鳥同定、保護方法) 06.07.10

さて、またお尋ねです。

きょう日中、百道浜を歩いていると、見たことない?
鳥に出会いました。
スズメぐらいの大きさ。どうも何かの雛のようです。
アスファルトの上を歩き回っていますが
何たって風が強い百道浜、
台風3号の余波で飛び上がってもすぐ吹き飛ばされて、
思うような場所に移動できないよう。
明らかに飛び慣れていません。
珍しさから何枚が写真を撮ってその場を離れ、
数十メートル歩いたとき、車のブレーキ音。
振り向くとタクシーの前にその鳥が。
止まりきれずに車輪に巻き込まれたような!
タクシーはそのまま走り去り、
車輪に踏み潰されたんじゃないかと慌てて駆け寄ると無事でした!
ただ驚いたのか身動きほとんどできずにうずくまっていました。
手では触らずに持っていた傘でつつく様にして
車道から安全な場所まで導き、仕事中だったため
動けるようになったのを確認してその場を離れました。
その後どうなったかは心配ですが正直わかりません。
さてお尋ねです。
この写真の鳥は何でしょう。
tatsu295.jpgtatsu300.jpg

また、このような状況で私のとった行動は正しかったのでしょうか?
アドバイス等いただければありがたいです。

よろしくお願いします。

□龍山康朗(会員)□

« 能古島の様子(調査延長戦その?) 06.07.13|Top|定例探鳥会報告 和白海岸 06.07.09 »

コメント

ありがとうございます

田字草さん、本のむしさん、ありがとうございます。私がやったことは、間違いではないということもわかりホッとしています。ヒバリか~。全然気がつきませんでした。修行します。あの幼鳥君がいた場所を通るたびに、周りを見回すのですが、見当たりません。無事を祈るばかりです。

こんにちは。龍山さん足は良くなりましたか。私は最初の印象はホオジロのように思ったのですが、田字草さんの細やかな分析でなるほどと思いました。そういわれれば、地面を良く歩き回ることや、後指の爪が長いことなど納得です。最近、支部にも野鳥の保護のお話しが多いです。久山のほうで「アオサギが弱ってうずくまっている。何とかならない」とか、大手門でカモが道路際に卵を産んだ。引越しさせたが・・・」とか。この2件とも支部事務所に常駐者がいないため、数日後に連絡した時は夫々結論が出たようで。前者はほっておいたらそのうち移動して復帰したようだ。後者は親が卵を放棄したようです。私も龍山さんと同じ事をしたと思う。

見せていただいた写真からの情報での判断です。
その1・嘴の形状。
その2・ほほ(耳羽/じう)の部分にうっすらと茶色味がある。
その3・胸にうっすらと茶色の縦斑が見られる。
その4・全体的な輪郭/シルエット。
その他、眉斑の白い線が目の後ろまで続いていること、足の色、尾羽の外側の羽が白い。
成鳥か幼鳥の判断は、羽の色全体が淡い、尾羽がやや短く感じられ、その羽の端がすれていないように見える。
などの情報からヒバリの幼鳥か若鳥というように見えますが、どうでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/127-01f8e0f6

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。