日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援投稿 和白海岸 06.06.11

応援投稿 和白海岸 06.06.11

2006年6月度和白探鳥会に参加、護岸工事でしばらく散策出来ないコースなので、その様子をお知らせします。
集合場所のJR和白駅前の公園を、お世話係の人たちはゴミ拾いしていました。
近くの電線でキジバトが鳴いていました。
060612wajiro_kijibato.jpg
開始の挨拶。
060612wajiro_shugo.jpg
ここでお世話係の一人が、海鳥シールの紹介で5人の参加者が購入してくれました。感謝。シールの野鳥を紹介するときに、あるお世話係りの人がロースハムではなく、ボンレスハムではないし、漸くシロエリオオハムの名前が出てきて、聞いている私はやれやれでした。冗談半分かも?玄界灘の海鳥の宣伝不足か?反省。
潮が満潮のこともあり、和白川に向かいました。カワセミ♂1出現、一部の人たちがじっくりと観察。久しぶりの出現とか。ミサゴはRKB鉄塔を支えるワイヤーにてお食事中、なぜあんな不安定な場所で、とは人の感覚なのか?、長い間食べていました。
060612wajiro_misago02.jpg
足下の水辺にはハママツナが健在。
060612wajiro_kaigan.jpg
対岸のヨシ原の近くにはダイサギの群、その中に珍しくアマサギ2羽がまじっていました。
この先、五丁川河口から和白川河口までの護岸が改修工事になり、12月末まで、この付近は立入禁止です。その工事前の様子です。
060612wajiro_kanban.jpg060612wajiro_kaigan02.jpg060612wajiro_kaigan03.jpg060612wajiro_kaigan04.jpg
ここには、大切な鳥獣保護区の看板もあります。
060611wajiro_hogoku.jpg
時々セッカの囀る護岸沿いの道でタチイヌノフグリの青い花を初め、ニワゼキショウ、コメツブツメクサ、薄紫や濃い紫色のキキョウソウも熱心に観察。マメ科のシロバナシナガワハギが広がっていました。
060612wajiro_shinagawahagi.jpg
五丁川の河口には、この地区の歴史を短くまとめた碑があります。参考にどうぞ。
060612wajiro_sekihi.jpg060612wajiro_sekihi02.jpg
ここでは、コアジサシがあの独特の鳴き声を出しながら飛んでいるのを観察。
この後、海で働く人たちの信仰を集めている波切不動尊のそばのセンダンの木陰で、今日のまとめをして終わり。
060612wajiro_sekihi03.jpg060612wajiro_matome.jpg

参加15名、27種を確認。心地よい探鳥会なり。お世話係の面々に感謝。

田字草

« 夕~焼~け 06.06.16|Top|蟻も住宅難 06.06.12 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wbsjfukuoka.blog39.fc2.com/tb.php/114-41a11876

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。