日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳生会長の荒尾講演会お知らせ 10.12.30

新年1月30日、最終日曜日に荒尾市主催で柳生会長の講演会が行われます。
110130arao_koenkai.jpg
A4印刷用PDFチラシダウンロード
荒尾海岸は有明海でも有数のシギ・チ飛来地としてご存知いただいている地です。
つきましては、一人でも多くの方に参加いただけますようご案内いただければ助かります。
会場が1000人を越すホールだそうですので集客を心配しているところでもあります。

来る年が、皆様にとりましてよき年となりますことを祈念致します。
新年もよろしくお願いいたします。

□熊本県支部Tさん情報□
スポンサーサイト

超簡単! 15分でできる餌台の作り方 10.12.24

●dobato式餌台の作り方
101224dobato01.jpg ■材料
・防腐加工済丸太杭(600~800円)
直径6~8cm。高さは必ず1.5~1.6m以上。
 低いとネコに襲われます
 防腐加工済であれば20年以上使えます。
・富山の「ますのすし(の箱)」(1300円)
 もちろん他の粕漬けやしょうゆ漬け等の同等容器でもOKです。
・かまぼこ(100円±)
 あれば板の端切れで十分です。
・クギ:2cm~2.5cm×2本,4cm~5cm×1本
101224dobato02.jpg 
101224dobato03.jpg ■作り方
1.ふたを補強のため底に重ね,かまぼこ板2か所にクギを打ちます。かまぼこ板は事前にキリで少し穴を空けていた方が打ち込みやすいです。
打ち込む時は植木鉢を逆さにして真中の穴を利用するのもポイントです。

2.クギの先端は安全のためペンチ等で少し切っておきます。
このクギはミカンなどが動かないように刺すためです。
水抜きのため周囲に7,8か所キリで穴を空けます。
後は丸太杭にクギで打ち込むだけです。

はい,でき上がり。15分で出来たかな?
101224dobato04.jpg 
101224dobato05.jpg ■ポイント
・3年程度で作り替えです。よってあまり丈夫に作らないこと。
・丸太杭にクギで餌台を留める時,根元まで強く打ち込まないで少しぐらぐらする方がヒヨドリ除けになります。
・また,ミカン刺しのクギを折打ちつけ平らにし,植木鉢の水受けを置いて水飲み場にもできます。
・給餌期間は長くて11月中旬から3月中旬までとしましょう。

A4印刷用PDFダウンロード

□情報(ファイル)提供:dobato(西区)

ちょっと考えて・・・ 10.12.17

今津探鳥会のお世話係で当会の副代表 神園道男氏からの投稿です。

瑞梅寺川河口にある中州は、冬季を中心にクロツラヘラサギやヘラサギなどいろいろな野鳥が休む大切な場所です。冬季の重要なねぐらとなっています。
この場所に録音機を持ち込み、野鳥の鳴き声を録音した人がいます。
この場所は野鳥にとって大切なねぐらです。よーく考えて欲しい。
目的は何であれ、絶対に立ち入らないようにしてください。人が入ると野犬などが入ることによって、ねぐらとして利用している野鳥たちが大きな痛手を受ける可能性があります。
ご協力よろしくお願いいたします。

imadu_nakasu.jpg
■情報提供:神園、投稿:田字草■

和白海岸定例探鳥会 2010.12.12

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白海岸~海の広場~アシ原~砂洲―

2010年12月12日(日) -晴れ-
[観察鳥種] 44種 [参加者数] 30人 

和白干潟は朝の下見では干潮時で、ハマシギ・ミユビシギ・シロチドリの混群で約800羽が干潟に降りて採食中でした。ミヤコドリやダイシャクシギもいました。
これから満ちてくる潮でしたので、海の広場方面に行くことにしました。

集合地の和白公園の桜の木々は葉を落としていて、シジュウカラが虫を食べに来ています。寒いという予報でしたが、暖かい日よりで良かったです。
和白干潟では朝いたハマシギの大群はもう姿を消していて、残念でした。
しかし干潟の先の水際には様々な淡水ガモたちがいて、沖合いには海ガモたちがいて、あきることはありませんでした。カンムリカイツブリやウミアイサの姿もあります。
しばらくは大量のアオサが積もった海岸で探鳥をしました。ミヤコドリは分かれて8羽、ツクシガモは今期初めて見ました。8羽が並んで浮かんでいました。今冬の飛来は少し遅かったです。

                         “続きを読む”をクリックしてください

続きを読む »

植物園野鳥観察会のお知らせ

福岡市植物園野鳥観察会が開催されます。

●開催日:2010年12月19日(日)
●受付期間:2010年11月16日(火)~2010年12月05日(日)
●日本野鳥の会福岡の講師の指導により、園内の冬の野鳥を観察します。
*時間:午前10時~午後1時
*定員:50人
*料金:無料(入園料別)

ちょっとワケアリで、すでに申込期限を過ぎていますが、おそらくまだ定員までに余裕もあると思われますので、会員の皆さん、非会員の皆さんも植物園へお電話でお問い合わせ下さい。
福岡市植物園 092-522-3210

なお、会員の方で、軽い案内役(もちろん鳥中心で結構です)をしても良いという方がいらっしゃれば、ぜひご協力下さい。ちょっと手薄なのです。しぶろぐアドレス宛に助っ人メールお待ちしております。
しぶろぐアドレスへメール
どうぞよろしくお願い致します。

□管理人M□

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。