日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヤイロチョウ』に関する協力依頼 10.06.30

 日本野鳥の会宮崎の会員Nさんより、当会K副代表を通して協力依頼がありました。絶滅危惧(きぐ)種の渡り鳥『ヤイロチョウ』が繁殖する宮崎県御池(みいけ)野鳥の森で、バードウォッチャーの行動が繁殖に深刻な影響を与えているそうです。同地を訪れたことのある会員さんも多いのではないでしょうか。 また、「今年も行ってみようかな」と計画中の方もいらっしゃるかもしれません。
 そんなところの、野鳥観察制限を含んだ話ですので、ぜひお読み下さい!!
また、御池に限らず、「野鳥の保護と自然観察」の今後を考えるひとつの事例、ヒントとしても頭に置いておきたい大切な話だと思います。
 以下、Nさんの文章を抜粋し、掲載致します。
(Nさん、Kさん、ありがとうございます。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今シーズンの御池のヤイロチョウ、5月22日に、(場所A)で私1人で聞きました。その頃、(場所B)でも鳴いていたそうですから2羽は確実に鳴いたことになります。それから後は、(場所C)で数回聞かれただけです。それが今もいるかどうか。これほど鳴き声が聞こえない年はありません。本当に心配な状況です。

 昨年は、「都会から来た人が巣を作りかけているところを見つけた」とのこと。「2週間後に来てみたら、巣は放棄されていた」とのことです。遊歩道から見える所に‘巣をかけた’と言う話は聞きませんので、おそらく「行って欲しくない」と私どもがお願いしている問題の場所だと思います。案内する人もおりますし、以前に入った人のつながりで、平気で入って行く人もおりましたから、困ったものです。

 でも嬉しいことに、念願だった御池野鳥の森の‘立ち入り規制(8月31日まで)’が、関係の皆様の骨折りを頂いて、ようやく叶いました。これで、巣を探す人、巣の近くに立ち入る人が1人でも減ればと思います。そして、御池のヤイロチョウが復活すればと思います。

 営巣が成されているとすれば10日後くらいにはヒナが巣立ちするでしょう。その頃を狙ってウオッチャーが再び増えることでしょう。皆さん、自制して見て頂くことを願っています。福岡でも「行くつもり」の方がいらっしゃるかも知れません。もし、いらしたら、この‘立ち入り規制’の事をお伝え願えませんでしょうか。

 九州森林管理局、と言うより林野庁の考え方が希少野生動植物の保護に重点をおくようになってきたことが今回の措置に繋がったことと思われます。もちろん、環境省(えびの自然保護管事務所)も良く動いて頂きました。

 インターネットの
  6月10日付け、‘アクティブレンジャー日記「九州地区」’ をご覧ください。
                                
 以上、よろしくお願いいたします。

追記 6月6日に、この(場所A)で「行かないでください」、「いや、行く」と‘嫌なこと’がありました。
追記 息子は、5月末に九大の‘鳥班’の仲間と御池に来ましたが、アカショウビンすら見ずに帰りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★関連記事
宮崎日日新聞のHP
スポンサーサイト

和白干潟定例探鳥会 10.06.13

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口~奈多―
2010年6月13日  -曇り-
[観察鳥種] 27種 [参加者数] 17人

 九州北部は昨日から梅雨に入ったそうです。昨晩は雨が降ったようですが、今朝は曇りです。
夏は水鳥が少ない季節ですが、その中でも大潮の満潮時で最も鳥が見つけにくい時です。
しかしコアジサシやオオヨシキリ、コチドリと鳥を定めて奈多方面に行きました。
コチドリ   探鳥会風景
コチドリ               探鳥会風景

和白川も満々と水が溜まっています。
ツバメが飛び交っています。
クリークのアシ原からはオオヨシキリの元気な鳴き声が聞こえます。
畑ではヒバリが鳴き続けていました。
セッカも鳴いていて、夏らしい鳥風景です。
道端にはツユクサが咲いていました。塩浜堤防上の生垣にはシロツメクサがたくさん咲いていました。
ツユクサ   シロツメクサ
ツユクサ              シロツメクサ

          「続きを読む」をクリックしてください ↓↓↓

続きを読む »

能古島散策報告 10.05.17

今回の散策は汗ばむ陽気の中、充実した内容となりました。
4名で散策しました。
能古島に到着後、海岸沿いを散策していると、電線に止まっているハクセキレイに出会いました。
目元の黒い線(過眼線)が少し薄かったように見えたので、観察記録のある亜種ホオジロハクセキレイかと思いましたが、光のあたり具合で、白っぽく見えただけのようです。
noko100517-01.jpg  noko100517-10.jpg
ハクセキレイ            調査の様子

浜辺には、ハマヒルガオの花も咲き始めていました。
ヒルザキツキミソウやコマツヨイグサの花も咲き、よく見るとヒラタアブの仲間が花を訪れていました。
とっても小さく見え、かわいらしかったです。水際には採食しているハマシギが1羽だけいました。
小石をひっくり返し、何かをついばんでいました。
noko100517-05.jpg  noko100517-02.jpg  noko100517-03.jpg
ハマヒルガオ            ヒルザキツキミソウ         ハマシギ

          「続きを読む」をクリックしてください ↓↓↓

続きを読む »

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。