日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県営春日公園探鳥会のお知らせ 09.06.30

支部報などですでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、先月より県営春日公園でも探鳥会が行われることになりました。
基本的に毎月第1火曜日という平日開催で、開始10時、終了12時頃という変則的な開催要領ですのでご注意下さい。
ということで、7月の春日公園探鳥会のご案内です。

日程:7月7日火曜日
時間:午前10時から正午頃まで
集合場所:自然あそび結講(旧管理センター)前
      (春日神社側第5駐車場そばの建物)
交通:西鉄春日原よりゆっくり歩いて20分くらい
    JR春日よりゆっくり歩いて12-13分くらい
    (鉄道からは最も奥側に集合場所があります)
駐車場:第5駐車場が近くて便利です
持ち物:簡単な筆記用具と双眼鏡など
     (手ぶらでも構いません)


6月の初回は平日開催にも関わらず、27名もの参加がありました。(嬉しい誤算!?)
どちらかと言えば都市部にある公園ですが、緑と水辺で野鳥が観察できます。
どうぞお気軽にお出掛け下さい。

■支部事務方より■
スポンサーサイト

能古島散策報告 09.06.15

 空梅雨のためか晴天の中、6:30の船で能古島へ渡りました。
到着後、目に付いたのはヤマモモの見事な成り具合!おいしそう~♪
地面には大量のヤマモモが落ちていました。
ハシブトガラスがヤマモモの実を食べているのを発見!
彼らが食べるときに落としてしまったんでしょうね。
090615-01.jpg 090615-02.jpg 

 能古島港では70羽以上のカラスがまとまって上空を通過しました。
何か様子がおかしい・・・。
港の西側海岸へ着くと多数のカラスが堤防に並んでいます。
私たちが近づくと一斉に飛び立ち、彼らがいた場所には大量のフンや食べかすがありました。
090615-04.jpg 090615-06.jpg 

砂浜にあげられたイカダには、ムラサキイガイという貝がびっしり付いていました。
その貝を食べていたと思われます。
090615-05.jpg 090615-07.jpg

野鳥達の声が静かだった先月とは違い、今回は、さえずりや姿がよく見かけられました。
アンテナで大はしゃぎするムクドリや巣立ち雛の世話をする親ガラス、数羽のスズメの幼鳥はまるで遊んでいるかのように私たちの周りをクルクル飛び回っていました。
090615-09.jpg 090615-08.jpg 090615-18.jpg

嬉しいことに、今回は愛の営みが多くの生きもので見られました。
赤や緑の光沢あるヒメコガネ。メスの背中に乗ったオスが体を左右に振るわせる不思議な行動をしたナミテントウ。先月もハマウドに来ていたアカスジカメムシ。
090615-21.jpg 090615-10.jpg 090615-20.jpg 

浜辺では、ハシボソガラスのおもしろい行動も観察できました。
杭の上に2羽が乗っている風に見えたのですが、よく見ると、杭と杭をつなぐロープの上でバランスをとって留まっていました。
090615-14.jpg 090615-13.jpg 090615-12.jpg 
                   「続きをよむ」をクリックしてください↓↓↓

続きを読む »

定例探鳥会報告 和白海岸09.06.14

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白川河口~堤防~五丁川河口~奈多―

2009年6月14日  -晴れ-
[観察鳥種] 26種
[参加者数] 25人

 今日はコアジサシが期待できるということで、五丁川、奈多方面に向かいました。
 天気は晴れで日差しが強いものの、時折涼しい風が吹くいい日和です。
和白川ではムクドリの親子が現れました。子供は体を膨らませて大きくしながら、
餌をねだっているようでした。もう完全に飛ぶことができるようですから、
そろそろ自分で餌を取ったほうがいいのではないかな。

 和白川河口から和白干潟を見ますと、アオサギ、ダイサギ、コサギなどのサギの仲間たちがいます。集合時に報告のあったカラシラサギがアシ原の辺りに見つかりました。
コサギのように足は黒で指だけ黄色、しかしくちばしは黒で はなく黄色でした。
冠羽はコサギが二本であるの対し、カラシラサギはたくさんあるはずなのですが、
風向きのためか若いからなのか、確認することはできませんでした。
(探鳥会後に近くで観察したのですが、それでも風がうまい具合に吹いたときに控えめな冠羽がふさふさと見える程度でした。) 遠くの砂洲にシギが2羽見えましたが種類は確認できませんでした。堤防の植え込みの中にはシロバナシナガワハギが咲いていました。
シロバナシナガワハギ2

 また五丁川近くの道端にはカワラ ヨモギの若葉がきれいでした。
カワラヨモギ


 五丁川河口では、沖のブイにコアジサシ達が羽を休めていました。五丁川の左岸を上ると、
セッカやオオヨシキリのさえずりが聞こえてきます。また畑にはコチドリがいました。
しかし望遠鏡を構えると警戒心が強く、畑の溝に隠れてしまいました。
コチドリ



 池のように広がった五丁川河口には、アシの茂みにバンの巣 がありました。
ヒナたちはふさふさの黒い体に、赤と黄色の鮮やかなくちばしが既にあることが確認出来ました。



                    「続きを読む」をクリックしてください↓↓↓

続きを読む »

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。