日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加!能古島散策09.02.23レポート

追加!能古島散策09.02.23レポート
「本のむし」さんから追加の画像が届きましたので、アップします!

朝のうちは、小雨が降っていましたが、
望遠鏡や双眼鏡で海上のカモメを観察している様子。
090223能古島IMG_2590_1_1

果樹園では、ハシブトガラスが大きなミカンを加えて飛び立っていきました。
木の上で、おいしそうに食べていました。写真は、カラスが食べたと思われるミカン。
中身がきれいに食べられていました。
カラス?の食痕090223能古島IMG_2617_1_1

海岸で海鳥の羽を拾いました。カワウの風切羽のようです。
カワウ羽P7-090223能古島IMG_2638_1_1

スイセンが本当に良い香りで真っ盛りでした。
スイセンの左上に写っているのは、妖精ではありませんよ。
スイセン090223能古島_1_1

去年までスズメバチが使っていたと思われる古巣。
1度使った巣はもう使われないといわれますが、誰かが再利用しないのでしょうか。
スズメバチの巣090223能古島IMG_2628_1_1

ツクシがありました。おいしそう・・・!
つくし090223能古島IMG_2614_1_1

冬芽が目立ちました。
ピンクの帽子をかぶったようなゴンズイ。サルの顔のようなセンダン。葉痕がはっきりと残ったハゼノキ。
冬芽ゴンズイ?090223能古島IMG_2612_1_1   冬芽センダン090223能古島IMG_2611_1_1   冬芽ハゼノキ090223能古島IMG_2605_1_1

■写真:本のむし (文章:やまらん)■
スポンサーサイト

能古島散策09.02.23

今月は、早くも春の訪れを満喫する能古日和でした。
海上では、セグロカモメやユリカモメ、ウミネコが漁のおこぼれをもらおうと集まっているようすが観察できました。
能古島に到着して、シロハラやジョウビタキなどの冬鳥を観察しつつ、海沿いを歩いていると、クリーム色のコロコロとしたキノコのようなものを発見!!しかも、大量!!
090223-01.jpg 090223-02.jpg 090223-03.jpg
ハマユウです。こんな実が落ちるなんて知りませんでした。新しい発見♪

また、スイセンが満開で、いい香りでした(写真:左)。花粉症の方もこの香りに包まれて、落ち着くのではないでしょうか。花に見とれていると、海には、ウミアイサ(写真:中)のつがいやカモメ、ハジロカイツブリの群がいました。カモメはだいたいいつも同じ場所にいます。見所満載です!!しかし、いつもみかけるミサゴがこの日は見られませんでした。 ハマダイコンの花も咲いていましたよ(写真:右)。
090223-04.jpg 090223-05.jpg 090223-06.jpg

ある1匹のネコが私たちの横を通りすぎようとしました。「あれ?先月浜辺で用をたしていたネコに似てる・・」(参照:先月の能古島散策の報告の一番最後の写真) 不機嫌そうにこちらを見ていました。
暖かい雨で目を覚ましたのか、ナメクジも出てきていました!
浜辺には、シロチドリの群が休んでいます。さて、何羽いるでしょう??冬羽から夏羽に生え変わる子もいました。
090223-07.jpg 090223-08.jpg 090223-09.jpg

「続きをクリック」してください!

続きを読む »

定例探鳥会レポート 久末ダム(08.12.27)

(昨年12月のネタをやっと掲載しよります。すみません。)

天気:快晴 観察鳥種:52種 プラス1種(イタチ) 参加者:25名

好天続きで当日も暖かかったためか、昨年の3倍もの参加者となったそうです。
081227hisasue_party183.jpg 081227hisasue_party178.jpg
今回は「野鳥だより・福岡」の記事内容に沿った、教科書どおりの展開となりました。

早速「一度は見たい、タシギの尾羽」(表紙)」のタシギが登場しました。
081227hisasue_tashigi193.jpg
羽色が枯草に似ており姿を認識しにくい状態でしたが、世話役の方や野鳥に詳しい方のおかげで「まっすぐな長いくちばし」を観察することができました。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

久々の更新作業 09.02.07

このところちょっと忙しさが爆発しておりまして、更新の作業に手が回らない状況に陥ってしまっておりました。すみません。
ネタをお送り下さっていた皆様、本当に失礼致しました。

でも、野鳥の会関係のお仕事をサボッていたわけではありませんよ~。
油山のバードウォッチング、植物園のバードウォッチング、福岡市内小学校の総合学習野鳥観察、ガンカモ調査その他いろいろお手伝い役務を提供していますです。
それぞれの行事でいろんな発見や納得、感動があり、個別に記事にして報告したいところですが、とてもとても時間が...
テレビなどでよく「エコの旅」とか言って遠い外国の様子をレポートして自然環境問題を考えようとするかのようなものがありますね。別に外国に行かなくてもウチの近所を歩くだけでも同じ効果は得られるんですけどね。外国に行くのはもちろん楽しい(多分)んですけど。
野鳥の会福岡支部で受けている上記の中の「出前探鳥会、授業」のようなものは、身近な自然の見方を知ってもらって一緒に楽しんで感じると同時に、自然環境の大切さも感じてもらえたら、あるいは何か大規模開発があるような時に自分なりの答えやアイディアを言える人が増えたらという意図があったりします。
そういう意味で私は「お仕事」と言うことにしています。報酬はお察しの通りですけどね。
(以上言い訳終わり)

もっともっと管理人グループを拡充せないかんと、ずっと画策中ですが、なかなか一足飛びというわけにも行きませんもんね~。

地道にやり続けますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

□管理人M□

能古島散策09.01.26

 ほぼ丸一日雨の中、印象に残る思い出がいっぱいの能古島日和でした。
 カワウやアオサギ、ウミネコなどいつものメンツを観察しながら散策スタートです。
 水辺には、ヒドリガモやマガモ、ホシハジロがいました。歩きながらの観察なので、正確ではないかもしれませんが、これら3種はややオスの個体数が多く、同じカモの仲間のウミアイサはメスのほうが多く観察されました。
shuppatu0126.jpg  hidorigamo0126.jpg

 ネコは雨宿りしていましたが、ハクセキレイは雨に打たれながら食べ物探しです。
 babani0126.jpg   hakusekirei0126.jpg

 草地の近くを歩いていると、木にとまるシメを見つけました。
近づくと、飛び立ちましたが、草や人家にとまったりと近くで観察できうれしかったです。
sime0126.jpg

「続きを読む」をクリックしてください!

続きを読む »

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。