日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地道な布教活動(!?) その2 08.11.22

福岡支部では福岡市内や周辺の小学校や中学校、あるいは公民館などを対象に探鳥会や自然観察会なども行っていて、子供たちを中心に野鳥や自然の面白さを伝えています。

先日11月22日には志摩町にある火山の里山保存活動に協力して来ました。
地元の方と里山保存会が小学生のアンビシャス運動と連携して、里山でのいろいろな作業などを含めた文化を実際に体験することで子供たちに伝えるといった活動が行われています。
今回は、当地に遊歩道を作るのに皆が楽しく利用できるようにと小道から見えるような場所に小鳥(シジュウカラなど)の巣箱を掛けるというものでした。
巣箱は前回のイベントまでにすでにできていて、多少問題もあるように見受けられましたが、小鳥になり代わって難点をお伝えした上で、とにかく掛けることにし、来年以降改良して行こうということにしました。
三連休初日ということもあってか、テンションの低い子供たち。
目の前の空を舞うサシバやハイタカなどのタカを一緒に見てからスタートしました。
山で採れたらしいミカンを頬張りつつ自分で作った巣箱を掛けながら、出てくるメジロやエナガ、キクイタダキなど、それにアカタテハやムラサキシジミといったチョウやジョロウグモなどを楽しく観察するうちにすっかり元気になっていました。
081122haitaka606.jpg 081122murasakishijimi612.jpg 081122mayutatefm616tr.jpg
  ↑ハイタカ、ムラサキシジミ、マユタテアカネ交尾
最後に、持参した生態系ピラミッドの絵を見ながら今日見たものと照合して行く時には「一番上のタカ見たもんね」とか「タカも死んだらムカデが食べるっちゃんね」とか「鳥が鳥ば食べると?」といった具合にノリノリになってくれました。
その時タイミング良く後方でウソの口笛もしてラッキーでした。
「ぜ~んぶ繋がっとうけん、ぜ~んぶ大事」「タカがよくおるちゅうことはぜ~んぶおる証拠」といったことも少しは実感してもらえたような気がします。
何より最後はとても楽しそうに帰って行ったのが良かったと思います。
いらっしゃっていた町役場の方含め、運営方の皆さんも「こげん子供が楽しそうにしとったとは初めて」と喜んで下さいました。
解散後、漁港に下りて地元の方や保存会の方と一緒に海の幸も頂きました。
ありがとうございました。

□当日対応:南区Osさん、管理人M(報告)□
スポンサーサイト

地道な布教活動(!?) その1 08.11.21

野鳥の会会員は、ある時は個人で、ある時は支部として、またある時は有志として、野鳥や自然環境の奥深さや大切さを伝える活動を行っています。
城南区にお住まいのTJHさんより、その一端の見えるレポートを頂きましたのでご紹介致します。
TJHさん、投稿ありがとうございます。

校区の皆さんが少しでも 野鳥に関心をもってもらう為、
校区文化祭に 野鳥写真を展示しました。
081121tjh766b.jpg
今年で2回目です。
イスカ、ムギマキ、トラスグミ、ベニマシコ、コルリ、ノゴマ、コマドリ
アトリ、オガワコマドリ、キビタキ   以上10点

能古島散策08.11.17

今月は、船で能古島に渡るときには、すでに雨が降っているという、めったにない能古日和でした!
1117-01.jpg

雨の中、傘を差しながら、鳥を探しました。まだ薄暗い状況でした。しかし、暗くなってから咲くコマツヨイグサの花をみることができました。
1117-10.jpg 1117-02.jpg

海辺では、ミサゴやシロチドリ、イソヒヨドリ、ハマシギ、カワウなどが観察できました。
1117-03.jpg 1117-04.jpg 1117-05.jpg1117-17.jpg

「続きを読む」をクリックしてください!

続きを読む »

ノビタキ大襲来!? 08.11.12

10/25の久末ダム探鳥会では、ノビタキの姿が見当たらず、早くも抜けてしまったか?という話題になっていましたが、その後、津屋崎地区の農耕地帯では再び数が増加。
081112june_nobitaki_trio.jpg
10月末~11月頭がピークだったようで、随分多いな...と思った日に、試しに車で農耕地帯をぐるっと回って、個体数を数えてみたところ

10/29には52羽、11/2には72羽もいました!

ちょっと車で回れる範囲だけでこれですから、詳細に調査したら一体何羽くらい来ていたのでしょうね??

稲作を終えた農耕地で、ブロッコリーなどの野菜畑が増えており、ここの虫が目当てで、集まって来たようです。
ノビタキは1羽~数羽で行動するイメージが強い鳥ですが、今回は一箇所の畑に、10数羽が集まっている事もしばしば。
081112june_nobitaki_quintette01.jpg 081112june_nobitaki_quintette02.jpg
1枚の写真に5羽くらいのノビタキが写ったりします。
(画面全体にはピントが合いませんが)

11月2週目は、ノビタキの数は急速に減っていますが、その後も野菜畑にはスズメ・ホオジロ・ホオアカ・ヒバリ・タヒバリ・カワラヒワなどいろんな鳥が集まっていて、良い餌場になっているようです。
081112june_hojiro11.jpg
 ↑ホオジロ10羽(11羽?)ひとからげ!?

□情報提供(文と写真):JUNE□

スズメのアルビノ再発見ですが・・・ 08.11.02

11月2日、前原・南風小学校裏の多久川の茂みで再びアルビノのスズメを群れの中で発見しました。
081102suzume_arbino657.jpg
最初に発見したのは3月1日、やはりこの辺りを行動圏にして群れで飛び回っていました。
081102suzume_arbino152.jpg 081102suzume_arbino167.jpg
 (↑この2枚は3月のもの)
これは特に警戒心が強いということもなく、どうにか写真に撮れて支部ログに報告出来たのでしたが(参 照 記 事)、その後3月31日を最後にパッタリ見かけなくなりました。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

定例探鳥会報告 和白海岸 08.11.09

- 和白川河口~五丁川河口右岸先 ―
2008年11月9日  -曇り-
[観察鳥種] 44種  [参加者数] 22人

081109wajiro_party.jpg
今朝の空は厚い雲に覆われ、晩秋らしく寒くなってきました。雨の心配もされましたが、解散時まで雨は降りませんでした。今日は干潮へと向かう時間帯でしたので、和白川-堤防-五丁川右岸までのコースを探鳥しました。

和白川にはヒドリガモが沢山いて、
081109wajiro_hidori.jpg
他にもダイサギやイソシギも見られました。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

近くの公園にて 08.11.06

ある晴れた日に、近くの公園で鳥たちに出会いました。
アキニレの木の方が騒がしいので、よく見るとエナガ、コゲラ、
081106ak_enaga018.jpg 081106ak_enaga008.jpg 081106ak_kogera040.jpg
それを眺めるようにアトリがいました。
081106ak_atori021.jpg
紅葉もみごとでした。
081106ak_akinire027.jpg

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。