日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉の森でバードウォッチングの報告 08.05.25

油山自然観察の森「青葉の森でバードウォッチング」の報告
2008年5月25日(日)10:00~13:00
参加者37人 確認種24種

今日は、昨日までの雨があがり、キラキラとした青葉の森でバードウォッチングをしました。
くすの広場でオリエンテーションをしているときには上空をアマツバメが飛んでいました。
2時間半も森を歩いていると、場所ごとで違うさえずりが聞こえてきます。
落葉広葉樹の林からはキビタキ、木のてっぺんからはホオジロやカワラヒワ、青葉で茂った木々の間からはイカル、シジュウカラなど。たくさんのさえずりが楽しめました。
080525aoba-bw.jpg

参加者のみなさんに本日の行事で印象に残ったことを聞いてみると・・・
『アマツバメが識別できた。』
『緑がとてもきれいでした。鳥の声や種類など教えてくれるのでわかりやすかった。』
『早起きし、油山の緑の中を歩きことだけでも有意義であった。』
他にも、『空気がおいしかった。』、『イカルのさえずりがきれいだった。』という感想が多かったです。

次回のバードウォッチングは9月28日「タカの渡りバードウォッチング」です。
6,7,8月はバードウォッチングはお休みしますが、他にもいろんな行事を行っていますので、油山ホームページでチェックしてみてください!

今月も7人の福岡支部の会員の方にご協力いただきました!ありがとうございました!!
00525asagimadara.jpg

□油山自然観察の森担当「ぐっち」□
スポンサーサイト

川原でお食事コゲラ

080504kogera_tg.jpg
5/4樋井川下流のオオブタクサ(別名クワモドキ)の群落があるところで、枯れたオオブタクサの幹で何かの幼虫をたくさん集めているコゲラの様子です。

以前にもこういう行動をするコゲラを見掛けた事が有りました。
川の草原でも食べ物探しをするんだと思いつつ観察したものでした。
コゲラというと林の中で食べ物探しをしているという印象があるんですが、こういう街中の河川で食べ物探しをしていることにびつくりします。
コゲラにとって新しい環境に適応を始めていると言うことでしょうか。

□投稿:田字草(撮影:TG)□

バードウィーク早朝バードウォッチングの報告 08.05.11

油山自然観察の森「バードウィーク早朝バードウォッチング」の報告
2008年5月11日(日) 7:00~9:00
参加者48人 確認種23種

5月10日からバードウィークということで油山自然観察の森では早朝バードウォッチングを実施しました。
早朝にも関わらず、たくさんの人が参加してくださいました。
080511bw-1.jpg

例年、コースは「もみじ谷」をメインにしてましたが、今年は「カブトムシの森」をメインにコース設定をしました。
電線にとまってさえずるオオルリや、林の中をさえずりながら行ったりきたりするキビタキ、枝先に止まってさえずるセンダイムシクイ、通過と思われるコサメビタキなどの夏鳥が「カブトムシの森」周辺で多く見られました。

参加者のみなさんに本日の行事で印象に残ったことを聞いてみると・・・
『コサメビタキをはっきり見ることができた。センダイムシクイの鳴き声がよく聞けた。』
『鳴き声で鳥の名前がわかってうれしかったです。』
『なんか色々とためになるお話が聴けてよかったし、キビタキとか色々な鳥をみることができてよかったです。』
『オオルリが見られて良かったです。』
などなど、本当にたくさんのコメントありがとうございます。
改善点、お気づきの点などもいただきました。
これからもよりよいバードウォッチング行事になるように努めたいと思います!!!

7人もの福岡支部の会員の方にご協力いただきました!ありがとうございました!!
0805miyamakarasuag.jpg

□油山自然観察の森担当「ぐっち」□

定例探鳥会報告 和白海岸 08.05.11

-和白川河口~五丁川河口~奈多-
-曇りのち晴れ-
[観察鳥種] 30種  [参加者数] 24人

さわやかな緑の若葉の中でのバードウイーク探鳥会です。
080511wajiro_party.jpg
福岡県と共催で行いましたので、県農林事務所林務課の方と野鳥の会福岡支部長のメッセージをいただきました。県からは参加者の皆さんに野鳥観察ハンディ図鑑「水辺の鳥」がプレゼントされました。
道端にもオオキンケイギクやハハコグサなどの草花が咲き出し春の装いです。
080511wajiro_hahako.jpg
浜辺にたくさんあるセンダンの木々の薄紫色の花も咲き出していました。
080511wajiro_sendan.jpg

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

ハチクマ春の渡り 08.05.15

能古の記事でも出てきていますが、渡るタカ「ハチクマ」が続々と日本へ戻って来ているようです。
9月後半の片江展望台など福岡支部ではすっかりお馴染みの「秋の渡り」はお見送りですが、春はお迎えということになりますね。
ただ、秋には福岡で5000羽程度通過が確認されるのに、春はあまりまとまった数が見られていないのです。
目撃情報などぜひお寄せ下さい。
080506hachikuma_ainoshima1164_1.jpg
↑5/6相島通過の♂(写真提供:本のむしさん)

□管理人M□

能古島散策調査08.05.07編

先日しぶろぐで予告編がありましたが、連休明けの5月7日に能古へ行きました。
海は凪状態で、海鳥はほとんど確認できませんでした。「4/28のおいしさ」を期待していましたが、そううまくは行かないのが鳥見といったスタート。  だったんですが...
終わってみれば、やっぱり行ってナンボ  でした ^o^/
0805nokoyoritenbo759s.jpg 080507noko_kawarahiwa_kssg.jpg
 ↑静かで暖かい日和      ↑スズメノテッポウに乗るカワラヒワ
080507noko_kochi_kssg.jpg 0805kiashi714s.jpg
 ↑お休み中のコチドリ      ↑1本脚で休むキアシシギ

☆Topocs☆
●ハチクマの渡りを確認
合計17羽(1羽から数羽の単位で数回観察)が西から東方向に飛翔していた。
逆方向に飛翔していたのはハイタカ2羽。サシバは地付きのようでした。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

大分のニホンカモシカ映像テレビ放送 08.05.08

春爛漫となってきましたが、お元気でいらっしゃいますか
こちらは、相変わらず元気でフィールドワーク三昧の毎日を送っております。今日も、県外某所でタカの観察中です

また、昨年から非常勤講師として野生動物管理学の講義を行っております、福岡エココミュニケーション専門学校の方も、今年度からは野生動物レンジャー科のネイチャーフォト講座も受け持つことになり、学生達とワイワイ楽しくやっております

テレビ放送のお知らせです。
先日、大分で十数年前から追い続けていた、ニホンカモシカの撮影にやっと成功しました。
その後、福岡RKB毎日放送が五回目となる密着取材をしてくれまして、来週のどこかの夕方18時16分「今日感ニュース」で放送されます。
スタジオ生出演ですが、普通ニュースって3分くらいなんですけど、僕のコーナーはいつもMカメラマンが張り切って5~6分の超大作を作ってくれるので、出演して喋る時間は無さそうです
VTRだけで、お楽しみ下さい。でも、いろんな動物出てきて楽しいですよ
放送日がハッキリしたら、またお知らせしま~す
よろしかったらご覧下さい

※この「九州のニホンカモシカを撮る津田さん」は、5/15の同番組にて放送されました。オオルリやクマタカ、アナグマも出てきましたよ~。

またブログに、迷子と間違われて誘拐されてしまう、ノウサギやシカの事について書いておりますので、こちらも是非どうぞ
ブログ「ボクは動物カメラマン!」

□津田堅之介(動物カメラマン)□

ツツドリポンポン顔、カケス餌採り 08.05.06

080505tsutsu_ks226.jpg
1枚目、遠くをタカのようなのが飛んで枝にとまったので、双眼鏡で見たらトケン(ホトトギスの仲間の総称)のようです。そのうち、ポ・ポ・ポ・と啼きしたのでツツドリと判りました。
喉をプックリと膨らませて声を共鳴させているのが判ります。あの低い、よく響く声はこの喉から出ているのでしょう。
啼くのに合わせて尾がピクピクと震えていました。願ってもないチャンスなので写真を撮りましたが、条件が悪くて精一杯修正してこの程度の画像です。投稿はためらわれましたが、かなり珍しいものではないかと思えるので出してみることにしました。

080505kakesu518.jpg
2枚目、頭上で啼くオオルリを撮ろうとしていたら、何かが突然飛んできて道端の毛虫をくわえるなり、フワフワと飛び去って行きました。
カケスです。咄嗟に2コマだけシャッターが切れて、ひとつが何とかものになっていました。これでどちらもダメだと地団太を踏みまくる所です。
大きいのをメッケ!と喜んで採りに行ったら、私が急に動いたので驚いて飛んで逃げたのでしょうか。
子育てに懸命なのでしょうね。

0705dokuga542.jpg
 ↑今回の獲物はこの子かな(?)ドクガ幼虫
  (勝手に追加ですみません by 管理人M)


□情報提供:糸島の金貞さん□

バードウィークにバードウォッチング!08.05.03

◆バードウィーク早朝バードウォッチング
2008年5月11日(日)
※7:00~9:00 (受付は6:30より)
当日は特別に入口ゲートが6:15~7:00に通行できます。(駐車料金300円/1日)
【受付場所】油山市民の森中央広場に集合
【参加費】100円


080427aburayama_beni.jpg
みなさまのご参加おまちしております★

私たちのホームページもぜひ覗いてみて下さい!
行事予定もあります。
油山の自然情報毎日更新中です!
福岡市 油山自然観察の森HP
よろしくお願いします。

□油山自然観察の森担当「ぐっち」□

油山自然観察の森バードウォッチング4/27報告 08.05.03

油山自然観察の森 「春の森でバードウォッチング」の報告
2008年4月27日(日)10:00~13:00
参加者50人  確認種23種

天気もよく参加者も多く、少々賑やかにバードウォッチングがはじまりました。
森の中をもみじ谷コースとつばきの森コースに分かれて2時間半ほど歩きました。

もみじ谷コースは、さえずるホオジロやシジュウカラなどをじっくり観察することができ、キビタキのさえずりやムシクイ類など森の野鳥のさえずりを講師の解説とともに楽しみました。

一方、つばきの森コースは距離も長く、たくさんの野鳥を観察できたようです。
オオルリのオス,メスやキビタキ、サシバなどの夏鳥とミヤマホオジロやシロハラなどの冬鳥が見られました。
油山を通過するサンショウクイも上空でピリリリリリとさえずりながら飛び去りました。

全体の7割以上の参加者は油山のバードウォッチングに初めて参加したということでした。

参加者のみなさんに本日の行事で印象に残ったことを聞いてみると・・・
『オオルリの鳴き声に感動した!』
『海岸だけにいると思っていたトビが油山にいたこと。』
『望遠鏡でくっきり見えたこと。』
『鳥の声に耳を傾けながら気持ちよく歩けました。』などなど。

本日ご参加いただきましたみなさまありがとうございました!

※ぐっちレンジャーは初のメイン担当でしたので、写真撮影はできませんでした。

□油山自然観察の森担当「ぐっち」□

夏鳥オオヨシキリ 08.05.03

A.K.さんからの音のプレゼントです。
この声が聞こえたら「オオヨシキリ」がいるはずです。
そ~っと姿も探してみましょう。
A.K.さん、いつもありがとうございます。

オオヨシキリの鳴き声

緊急決定!能古島散策連休スペシャル(!?) 08.05.02

4/28の収穫があまりに良かったもので、「2匹目のドジョウすくい」やります。
もしお時間の取れる会員の方は、ぜひご参加下さい。
少人数での観察歩きで楽しみながら観察眼を磨けるかも!

5月7日水曜日
朝6時30分の船で能古島へ

(間に合うように現地集合です)
遅くとも夕方には帰ります。
要お昼弁当、ドリンク。双眼鏡なども忘れずに!
参加費はありません。但し往復船代440円は各自。
雨の場合取りやめもあるかもしれません。
あくまでも気楽にお考え下さい。

□能古島調査隊(有志)□

Top|Next »

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。