日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能古島散策報告 07.03.22

能古島散策の報告 07.03.22

3月22日、7時の船で5名が散策に出かけました。
070322noko_01.jpg
やっぱりヒヨドリはにぎやかでした。
070322noko_02.jpg
春らしい新しい芽が目立ちました。
070322noko_03.jpg
そんな時に、セイタカアワダチソウの枯れた茎の間にいました。こっち向けとお願いしましたが、こんな様子でした。
070322noko_04.jpg
ヤマモモの雄花序
070322noko_05.jpg
も鮮やかな春の色でした。満開のヤマザクラにメジロの群れが来ていました。
070322noko_06.jpg
猛禽類も4種類種類出現、渡りの個体もいましたよ。
070322noko_07.jpg
地面に這いつくばっている紫色のキランソウの花
070322noko_10.jpg
やクサフジの花、
070322noko_11.jpg
オドリコソウの淡い桃色を楽しませてくれ、
070322noko_08.jpg
街道沿いの菜の花も鮮やかな黄色が見頃で、メジロ達の群れもやって来ていました。
070322noko_09.jpg
街道沿いの雰囲気わかりますか、
070322noko_13.jpg
この道はバスが通りませんので、歩く人にはお勧めです。安全ですよ。
海岸にはハマエンドウの花も蕾を見せてくれました。
070322noko_12.jpg

合わせて54種、ホオジロの仲間は、ホオジロ・アオジ・クロジ・ホオアカ・カシラダカ・ミヤマホオジロの6種類出会いました。ハイタカも渡っていました。

この時期、いいですね。
この写真、撮影者は3名でした。

□報告:田字草□
スポンサーサイト

定例探鳥会報告 和白海岸 07.03.11

定例探鳥会報告 和白海岸 2007年3月11日

-和白川河口・五丁川河口右岸-
-晴れ-
[観察鳥種] 48種
[参加者数] 25人
[担当者] 山本廣子

070311wajiro_kansatsu.jpg
啓蟄を迎え3月とは思えない暖かさが続いていましたが、今日は最高気温が10度に届かず、冷たい風が吹き付ける真冬のような探鳥会となりました。参加者は総勢25名で、今回も和白川河口から五丁川河口右岸まで歩きました。
070311wajiro_gogan.jpg
堤防の道は整備されてしまって植物がすっかり無くなってしまいましたが、堤防までと堤防すぎの道端にはホトケノザがたくさん咲いていました。
070311wajiro_hotoke.jpg
カワラヨモギも新芽を出していました。

和白川河口の堤防からは唐原川方向にツクシガモ、また干潟近くの浅瀬では盛んに餌を採っているミヤコドリ2羽とダイシャクシギを見ることが出来ました。造成中の堤防からは内側の水路にコガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、バン、カルガモ、をじっくり観察することがきました。
この暖かさでカモ達が少なくなっているのを実感しながら、皆ではるか沖のスズガモを見ていると、参加者の一人が夏羽のハジロカイツブリ、ホオジロガモを見つけてくれました。スコープで順番に見るのですが、すぐに潜ってしまうので確認するのに大変でした。近くにはカルガモばかりと思い込んでいましたが、100m位のところにハジロカイツブリ夏羽の一羽を見つけ、じっくり観察することが出来ました。

指がかじかんで図鑑を引くのが大変なくらい寒い日となりましたが、五丁川河口右岸で風を避けて鳥合わせを行い、48種を確認し、無事終了しました。守田さん、持永さんにお世話をお手伝いいただきました。

・東京から50年ぶりに和白を訪れることが出来、大変良かった。
・初めての探鳥会で、コサギの冠羽を見て感動しました。
070311wajiro_kosagi.jpg
・ミヤコドリをまた見ることが出来て良かった。
・カモにたくさんの種類があることを知って良かった。
・鳥たちの嘴に色々な形があることを知って感動した。
・セグロカモメとウミネコのツーショットが良かった。
・ハジロカイツブリの夏羽が見られて良かった。
・カワセミが見られず残念でした。

以上、参加者の感想です。

□報告:フクちゃん□

※3/18写真情報追加しました。

傷病クロツラ保護作戦失敗の記 07.03.02

傷病クロツラ保護作戦失敗の記 07.03.02

今朝9時30分頃、会員Uさんから下記の電話がありました。
今年1月29日付「しぶログ」掲載の「珍しい処にクロツラ出現」と同じ場所に、傷ついたクロツラヘラサギがいるので来てほしい。

<この個体は2月1日以降ここに居なくなっていた>

早速現場に赴き、今にも千切れそうになった痛ましい嘴をもったクロツラを確認しました。<上記と同じ個体では?>
070301kurotsura01.jpg

管轄である福岡農林事務所に連絡し、係官の到着待って保護のための捕獲に乗り出しました。
070301kurotsura02.jpg

係官と小生が両岸に別れて長い柄の付いた網を用いて被せようとしますが、一定の距離迄は近付けるものの、それから先の距離はなかなか縮まりません。格闘すること1時間、ついに諦めざるを得ませんでした。<ほとんどここら辺に留まっている>
投網でもあれば・・・・と思いますが、妙案はありませんか?

□鵲□

2007年の定例支部総会のお知らせ 07.03.01

2007年日本野鳥の会福岡支部・定例総会のお知らせ

と き◆3月25日(日) 13:30~(前半)~14:30~(後半)~16:00

ところ◆油山自然観察の森・自然観察センター
    レクチャールーム&市民の森キャンプ場
    問い合わせ TEL:092-871-2112

内 容◆(前半)2006年度事業報告、
     次年度事業計画などについて
    (後半)キャンプ場に移動して春を楽しみましょう!
       あなたが撮ったとっておきの野鳥写真を
       大公開して下さい。

おまけ◆当日は朝10時から油山恒例のバードウォッチングが
    行われます。3月のお題は
    「芽吹きの森でバードウォッチング」とか。

午前中のバードウォッチングはどなたでもご参加頂けます。
午後のプログラムは福岡支部会員ならどなたでもご参加頂けます。
会員の皆さん、朝から1日油山でのほほんと過ごしませんか。
春の野鳥、野草、虫、それに支部役員たちの生態がじっくり観察できますよ!

どげんかして時間作って来ちゃんしゃい~!

□事務局より□

Top

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。