日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガンカモ・ティーチャーズガイド』講習会報告 07.02.27

日本野鳥の会 福岡支部 「なんでんかんでん講座」
『ガンカモ・ティーチャーズガイド』講習会報告 07.02.27


2007年2月17日(土)10:00~15:00
雨の中、福岡支部事務所で講習会を行いました。講師役のai.((財)日本野鳥の会サンクチュアリ室油山自然観察の森担当)から、その様子をご報告いたします。

参加者は12人。福岡支部会員の他に、筑豊支部の方と海ノ中道海浜公園の職員の方が参加されていました。講師役にはもう一人、同じく油山担当の掛下があたりました。

070217gankamotg999.jpg

今回使ったテキストは、野鳥の会直営のウトナイ湖サンクチュアリのレンジャーが中心になって作ったものです。講習会の目的は、ガンカモ類を素材として考えられた環境教育プログラムを、支部で行なう探鳥会や出前探鳥会などで活用してもらえるようにする、ということです。

スポンサーサイト

続きを読む »

もう桜が咲いています! 07.02.27

もう桜が咲いています! 07.02.27

暖冬の影響で、野鳥の訪れや花の時期も早まっているようですが
すでに満開の桜が、福岡市中央区の小笹北公園にあります。
070226sakura635.jpg070226sakura637.jpg
早咲きの「大寒桜」。例年3月になって満開ですが、今年は2週間も早いのです。とっても見事です。お時間のある方はのぞいてみてください。植物園から歩いて10分ほど。すぐ近くですよ。

それと、お尋ねです。電子辞書を購入したいと思っているのですが、どうせなら野鳥の声が収録されているものがないかと探しています。どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。

□たっちん□

砂漠のスズメ 07.02.26

砂漠のスズメ 07.02.26

先日大濠公園の探鳥会でお会いした会員のHKさんからアフリカのモロッコ旅行のお話を伺った折に「ぜひブログにネタ下さい」とお願いしておりましたところ、写真をお送り下さいました。
サバクスズメのことはよーわからんのですが、サハラ砂漠西部の雰囲気と可愛らしい様子をご覧下さい。

いろんなのがいるんですね。
HKさん、ありがとうございます~。


070226sabaku903.jpg070226sabaku904.jpg

能古島散策報告 07.02.23

能古島散策報告 07.02.23

雨の予報が、前倒しでした。良い散策でした。
2名でじっくり堪能しました。

海域ではハジロカイツブリの群れやカンムリカイツブリ、林縁では、ホオジロ類5種やトラツグミ、シロハラなど、山の中ではキクイタダキ、ルリビタキ、マヒワ、アオバトなど、空にはトビの飛翔を中心にミサゴ、波状するノスリ、獲物を追い掛けていたハイタカでした。合わせて52種で、私の年の数には及ばず。

07022304ogatama.jpg
↑オガタマの花満開

常連のアオサギとシジュウカラ、はじめて観察できず。これはニュースですね。

海岸はハマダイコンの花、
07022301hamadaikon.jpg
その近くには昨夜の雨が残っていたアスパラガス、
07022302aspara.jpg
林内では冬の季節に動くカタツムリにはびっくり、
07022303katatsumuri.jpg
暖かさを改めて実感。気温は10~14℃でした。
2/23

□田字草□

ぜひご鑑賞下さい。おすすめです 07.02.22

ぜひご鑑賞下さい。おすすめです 07.02.22

行って来ました。
伊藤公夫さんの水彩画、一見の価値あり。自分でも描きたくなるような感じですね。
070222gaten697.jpg070222gaten699.jpg
070222gaten6702.jpg070222gaten6703.jpg
糸島半島の風景や野鳥が今までと異なって見えてきますよ。
お勧めです。

紹介の画像は、腕とカメラのせいで、、すばらしさを再現出来ていません。
2/25までですよ。

□田字草□

これも暖冬の影響?豪華晩餐(?) 07.02.21

これも暖冬の影響?豪華晩餐(?) 07.02.21

先日福岡市内某池にてアカガシラサギがいました。

もう春の渡りが始まっているのでしょうか?
これも暖冬のせい?
070219akagashira72.jpg
しっかし、この時期に蛙を捕まえるなんて、良くぞやったり!

池は年末に干し挙げられ、ようやく水が入ったばかりで、小魚も居ないだろうし、と心配していました。

まさかもう蛙が動き出しているとは思っても居ませんでしたので、ここに逗留して、いったい何を食べるのかな、と気になっていましたが、これで一安心。
070219akagashira54.jpg

本来の冬羽はもう少し灰色がかった色合いですよね。もうこんなに茶褐色になっているなんて、夏羽への換羽が始まっているのでしょうか。

いやあ、今の時期にあんな豪華な食事が出来るとは!居続けてくれればよいですね。そうもいかないかな。

□fat□

サーカスに就職? 07.02.19

サーカスに就職? 07.02.19

ミヤマガラスの群れを小郡市干潟で見ていましたら、電線の群れの1羽がコウモリのようにぶら下がっているのに気が付きました。
2007_0219tennpaitotagekoku0107-1.jpg
気分でも悪い?と思ったら頭をキョロキョロ。その後何もなかったように飛び去りました。少なくとも4分間はこのままでした。遊んでいたのかな?

□三国の松永□

この鳥の名は? 07.02.15

この鳥の名は? 07.02.15

英彦山にお住まいの田代さんよりメールを頂きました。
お宅に来る小鳥のお尋ねです。以前にも同様の記事を掲載してその折にも触れましたが、しぶろぐでこういったお尋ねを広く受け付けているわけではありませんが、あまりに可愛い写真だったもので、掲載してみました。
コメント常連さんでなくてもぜひコメントにてお応え下さい。お願いいたします。(管理人より)

お忙しい所 恐れ入りますが、我家の庭に最近写真のような可愛い小鳥が沢山来ます。小鳥の名前がわかりませんので教えて頂きたいのですが。
我家は添田町英彦山です。どうぞ宜しくお願いします。

0702141122a.jpg

定例探鳥会報告 和白海岸 07.02.11

定例探鳥会報告 和白海岸 07.02.11

-和白川河口→五丁川河口左岸-
2007年2月11日  -晴れ-

[観察鳥種] 40種 
[参加者数] 66人(中学生以下15人)

今日は久しぶりの寒い朝となりましたが、先月に続いて風もなく絶好の鳥見日和になりました。参加者はボーイスカウトの皆さん19名を含めた総勢66名となり、探鳥コースは先月と同じ和白川河口から堤防を歩き五丁川の左岸までとなりました。
070211wajiro_kansatsu.jpg
鳥見を初めた頃はまだ潮が引いていて、鳥たちは遠くの方にいるためどんな種類か見分けるのに苦労しました。それでもダイシャクシギ、ダイゼン(写真)、そして皆さん期待のミヤコドリも2羽見ることが出来ました。
070211wajiro_daizen.jpg
立春とは思えない暖かさが続いたためか、カモ類の数は随分少なくなっていましたが、それでもツクシガモ、ヒドリガモ、コガモ、カルガモなどを近くに、遠くにはスズガモを見ることが出来ました。
五丁川左岸の雑草地では、ハルノノゲシ(写真)やオオイヌノフグリが咲いていました。
070211wajiro_nogeshi.jpg
そこで草の実を食べるカワラヒワの群れを見つけ、歓声を上げながらきれいな黄色の斑点を確認することが出来ました。12時頃に楽しく鳥合わせを行い、40種を確認することができました。

《参加者の感想》
・ミヤコドリがずっと見たかった。今日見れてよかった。
・カモにこんなに多くの種類があることを知って驚いた。
・スズメ、ヒバリの顔を見ることが出来て良かった。
・長いくちばしのダイシャクシギを見れて良かった。
・カワラヒワが可愛かった。
・どんな鳥がどんなところに生活しているかわかった。
・和白を初めて歩くことが出来て良かった。
・普段何気なく見ていた鳥の名前がわかった。
・野鳥がたくさんいる和白干潟はすばらしい!!

□記録:大浜肇□


管理人M付記:今回の探鳥会にはブログ宛にメールで問い合わせ下さった東区のTさん母子(会員外)も参加なさって「楽しかった」とメールを頂戴しました。小3のI君はすっかりベテランのMさんとお友達になったそうです。嬉しいですね~。

能古島散策 2月もやります! 07.02.13

能古島散策 2月もやります! 07.02.13

こんにちは、(1月でとりあえず完結予定だった)やっぱり散策したいと思います。
能古島散策2/23(金)を予定、7時30分の船で渡る予定です。天候によっては2/24(土)予備日です。
参加希望者はどうぞ。

□田字草□

月例探鳥会(2/12日・牛頸ダム)速報 07.02.13

月例探鳥会(2/12日・牛頸ダム)速報 07.02.13

穏やかな日和ですが此処はやや高い所なので肌寒く感じられます。集合場所には遅咲きのロウバイの花が未だ残っています。
070212ushikubi_robai.jpg
ここの目玉である"赤い鳥"の魅力でしょうか普段の探鳥会には顔見せの少ないベテランさんや筑豊支部からも見えています。
下見の結果、昨年までのコースを変更し中央公園とダム記念公園を経由してダムサイトに上がることにしてスタートです。

新コースでは季節の小鳥達が次々に現れ、中央公園の斜面ではホオジロ・カシラダカ・ミヤマホオジロの混群を眼下に見下ろしながら観察しました。いよいよ下見の成果が問われるときがきました。と云うのは従来のポイントとは全然別の場所で"赤い鳥"を確認していたからです。今日はその場所にはいませんでしたが、最後部からきていたベテランAさんが鳴声を聞き逃しませんでした。
向かいのブッシュを注意深く覗いていたらベニマシコ♂が姿を現し、ほぼ全員が堪能しました。

ダムサイトはワカサギ釣りの人で賑っています。竿の先にはキンクロハジロ(♂80%)が餌を探しています。
070212ushikubi_zenkei.jpg

水辺公園の芝生で昼食にしました。
070212ushikubi_chushoku.jpg

あとは従来のポイントを通りますが確たる収穫はありません。最後に鳥合わせは福岡市が一望できる中央公園の場所で行いました。

今日の参加者は38名・確認鳥種は32種でした。

□鵲□

定例探鳥会(2/10日・大濠公園)速報 07.02.13

定例探鳥会(2/10日・大濠公園)速報 07.02.13

これで平年だが、昨日までの暖かさから一転して肌寒い中での探鳥会になりました。
開会挨拶の途中で上空をカラスにモビングされているハヤブサが通過していきました。

先月までスタート場所のボート乗り場に群れていたユリカモメが1羽もいません。どうしたのでしょうか・・・
代わりに餌をもらうことを学習した?オオバンが近寄ってきます。

北帰行に備えて濠のカモたちはペアーリングのためにオスは輝いていますし、野鳥の森ではシロハラが落ち葉をかきわけて虫を探しています。

中央の杭に休んでいるカワウの頭にゴマシオが混じったのが見受けられますし、カイツブリ3羽の中の1羽は夏羽を装っています。

さつき橋からは今日の目玉商品カワセミのペアーがじっくり楽しませてくれました。

そして、なんと何とコブハクチョウがいるではありませんか・・・果たして去年の個体でしょうか・・・
070211ohori_kobu.jpg
<昨秋の台風で傷付き福津市津屋崎海岸で保護され、動物園に搬入・処置されたコブハクチョウは先日津屋崎で放鳥されている>

今日は35名参加で確認鳥種は38種でした。

□鵲□

Top|Next »

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。