日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチクマの渡る季節2011 11.08.29

立秋が来たと思ったら、9月1日はもう二百十日ですね。
台風のことも気になる頃ですが、ハチクマをはじめタカが渡るシーズンもやってきています。
100920hachikuma828.jpg 100920hachikuma845l.jpg

片江展望台では
9月11日(日)~10月10日(月、体育の日)の1ヶ月間
にわたって「ハチクマ秋の渡り調査」を実施します。
去年(2010)秋は、合計で6,128羽を確認しました。
9月28日になんと2,312羽を確認し、12時から13時の一時間に1000羽のハチクマが渡りました。下図は、過去6年間の平均ですが、やはり秋分の日前後がピークのようです。
10hachikumadata.jpg

タカは、生態系の頂点に君臨する生きものです。その個体数が変化することは、気候変動などの環境変化を表していると考えられます。異常気象が叫ばれる昨今、また、東日本大震災を受けてハチクマの個体数は一体どうなるのだろう、渡りの日時は例年とどう違うのだろうなどと気にしたりしています。
ハチクマ以外にも、サシバ、ミサゴ、トビ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、ハイタカ、オオタカなどいろんな猛禽を見ることができると思います。

期間中は会員かそうでないかに関わらず、どなたでも気軽に観察に参加頂けます。
9月23日の探鳥会イベント日以外は、もちろん無料でどの時間帯でも楽しめます。
ただし、いつ、何時ごろハチクマが飛んでくれるかは全くの未定です。
とにかく時間を作っては展望台へ行ってみることを心掛けると、必ずや凄い場面に出会うことでしょう。
お気軽にお越し下さい。

片江展望台への道案内はこちらです。
kataemap2009.gif
油山観音のところを曲がらないで直進すると行き止まりが片江展望台です。

地下鉄七隈線「福大前」1番出入口から南約50mの福大病院東口からもーもーらんど油山牧場行き(油山市民の森経由)に乗り、観音下で下車、バスが登って来た道をさらに500mほど道なりに歩いて登ると到着です。
ただし、このバスは1日3本で土日祝日のみ運行ですからご注意を。

西鉄バス油山臨時バス情報は
西鉄バスホームページの、下段の表をご覧下さい。

持っていると現地参加の時に便利な「補助道具」も↓よりダウンロード下さい。
ハチクマ観察補助道具PDFダウンロード

□情報提供:代表O+管理人M□
スポンサーサイト

8月能古島散策報告 2011.08.20

北から前線が南下した影響で風が少しあり、涼しいが時々雨。海上ははじめ鏡の様な海面でしたが、お昼過ぎには白波がありました。私を含め、3名で8月のお盆過ぎの能古島散策。シギやチドリの渡りを期待して歩きました。早朝の能古島港にアオサギが船で休息か?
110820能古島しぶろぐ用_01早朝能古島港のアオサギ

いつもの定位置でミサゴに出会いました。
110820能古島しぶろぐ用_02ミサゴ

防波堤と小さな岩礁、そして砂礫の海岸の波打ち際にはキアシシギ、ソリハシシギ、オバシギ、イソシギそしてトウネン1羽が探餌中。
110820能古島しぶろぐ用_03トウネン

秋のシギ・チドリの渡りが始まっているようです。

この海岸では今までになく5種類ものシギを観察できました。しかし、砂浜のある海岸でコチドリがいつもの場所で見ることができませんでした。田んぼと休耕田のある場所では、ヒクイナの声のみでした。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

7月能古島散策報告 2011.07.18

台風6号の影響で風が少しあり、涼しい。海上は白波がありました。
私を含め、3名で真夏の能古島散策。こういう日こそ、何か楽しめそうだと期待して歩きました。上空にミサゴが飛翔。
110718noko_01misago.jpg
岩礁にはキアシシギ1羽が探餌中、まだ移動中なのでしょうか。行きか戻りか不明なり。
砂浜のある海岸ではコチドリがいつもの場所で見られました。子育ての最終段階か。
田んぼや休耕田のある場所、畦に黒い影、よーく見るとヒクイナだった。今までは、鳴き声のみの確認だったが、初めて姿を観察することが出来ました。しかし、すぐに近くの草むらに入ってしまいました。

森の中、遠くでキビタキの囀り、そんな中、美しいアサギマダラが止まっていました。
110718noko_02asagimadara.jpg
休息中らしい。これから北を目指すのでしょうか。

「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

6月能古島散策報告 2011.06.18

初夏の6月、梅雨時の能古島を4名で歩きました。
イルカの船の天辺で休息中のハクセキレイ(写真1)の出会いから始まり、漁船で休んでいるツバメ、海岸にはハマユウ(写真2)が咲き始めていました。

110618能古島しぶろぐ用_01ハクセキレイ   110618能古島しぶろぐ用_02ハマユウ
写真1:ハクセキレイ        写真2:ハマユウ

アカショウビンやヒクイナの囀り、少し山手からはウグイスの囀り、コチドリはこの海岸で繁殖したようです。
アマツバメが3羽、低く低く飛翔していました。こういう天気だからこその出会いでした。
クサイチゴの季節からナワシロイチゴ(写真3)へと季節が変わり、酸味のある苺もいいですよ。ツユクサ(写真4)の青は、冴えた色をみせていました。

110618能古島しぶろぐ用_03ナワシロイチゴの実   110618能古島しぶろぐ用_04ツユクサ
写真3:ナワシロイチゴ       写真4:ツユクサ


“続きを読む”をクリックしてください


続きを読む »

5月能古島散策報告 2011.05.22

曇り時々雨の天気でしたが、参加者8名で散策しました。
能古島港では、まだ曇り空、そんな中で港内のブイに止まっているアオサギ、波で揺れても船酔いしないのでしょうか、まあ余計な心配かも。
110522能古島しぶろぐ用_01ツバメ     110522能古島しぶろぐ用_02キアシシギ
1.港内に停泊中の漁船で休息中のツバメ   2.キアシシギ1羽が波打ち際で採食中

山頂付近を歩いているときには、アオバトの囀りも聞きました。ホトトギスの声も聞こえたとか。

110522能古島しぶろぐ用_03フデリンドウ
3.山頂付近の思索の森の中で、花の終わったフデリンドウを見かけました。


“続きを読む”をクリックしてください

続きを読む »

Top|Next »

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。