日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片江展望台探鳥会報告 2011.05.07

2011年5月7日(土) 晴時々曇
【観察鳥種】23種  【参加者数】21人

片江展望台は、既にタカの渡りの秋期観察地として定例探鳥会を実施しており、今年度は夏鳥や春季のタカの渡りを観察し、日本へ渡ってくるヒタキ科の小鳥やタカたちを迎えようということで実施することにしました。

この日は、前日までの黄砂の影響が少なく、海上方向では相島や大島が目視でき、一方、陸上方向では、古処山、大根地山、遠く英彦山辺りまで目視できました。探鳥会は午前10時の開始予定で準備を進めていましたが、お目当ての1種である『ハチクマ』が、午前9時前に1羽目が観察され、探鳥会の開始時刻には累計で25羽となり、終了時刻では62羽となりました。

110507片江展望台探鳥会しぶろぐ用_01ハチクマ
 ハチクマ

その他にもこの時期ならではの小鳥として、『キビタキ』や『サンショウクイ』等が観察されました。

                         “続きを読む”をクリックしてください

スポンサーサイト

続きを読む »

「有明海・市民バードウォッチング in 荒尾海岸」お知らせなど 11.04.06

福岡のお隣、熊本県をフィールドとして活動している日本野鳥の会熊本県支部のYさん(荒尾)より、この4月17日に行われる「有明海・市民バードウォッチング in 荒尾海岸」のお知らせなどメールいただきましたので、Yさんの了解をいただいて、掲載いたします。
毎年この時期同支部Tさんなどからお知らせをいただいてしぶろぐにも掲載しておりますが、今年は別ルートからのお知らせとなりますが、嬉しいお誘いですから、構わず掲載させていただくこととしました。
荒尾海岸はお隣熊本県の中でも、大牟田市に隣接した「最も福岡に近い」海岸でもあり、渡りの途中のシギやチドリの仲間が数多く羽を休めたり、繁殖をしたりする大切なところとです。ぜひともお邪魔して観察したい場所だと思います。
Yさん、ありがとうございます。

1月30日、荒尾市環境啓発事業として「荒尾の干潟は渡り鳥のオアシス」をテーマに、日本野鳥の会柳生博会長の講演ならびに映画「WATARIDORI」の上映がありました。現地からの報告として日本野鳥の会熊本県支部高野支部長報告の文面がそのまま荒尾市のホームページにアップされています。
荒尾市のホームページの該当ページ

これは、3月4日に荒尾市副市長に面会し、
①荒尾海岸に市がトイレを設置する。
②または、いま漁協が設置しているトイレをイベント前には市が掃除・くみ取りをすること
を申し入れました。
その際、市のホームページに「荒尾海岸」の動画はあるが、シギ・チドリが舞う海岸の様子はないので、広く市民に理解できるようなページをアップされるよう頼みました。副市長はその場で広報係をよんで指示くださいました。
結果が、高野支部長の報告でしたが、大変よくできたページですので市民に歓迎されています。

副市長にはもうひとつ、お願いしたことがあります。
それはWWF-ジャパンのMさんが、荒尾市がシギ・チドリ類フライウエイネットワークに参加されるように働きかけてきたことに対応することです。これまた副市長などにお骨折りいただいて、実現化しつつあります。

余談ですが、副市長は柳生会長の講演会には参加できなかったそうです。
「じゃ、文化センターのロビーに展示されたシギ・チドル類の写真は知らないですね」
「うん、話は聞いたけど、その写真をこの副市長の部屋に飾ろうかな。持ってきてください」
「月一回、写真の差し替えに来ますよ」
という按配で、このところ副市長を定期的に訪ねています。

それから、荒尾市ホームページトップより、
「観光案内」→「自然とあそび」→「ふるさとの海・有明海、荒尾海岸のシギ・チドリたち」を開いてください。
左側に「まちづくり提案箱」があります。シギ・チドリ類フライウエイネットワークに参加への応援を送ってください。
よろしくお願い致します。

4月17日(日)の
「有明海・市民バードウォッチング in 荒尾海岸」には、
ぜひお越しください。

日本野鳥の会熊本県支部案内のページ

日本野鳥の会熊本県支部トップページ


□情報掲載:管理人M□

月例 鴻巣山探鳥会のお知らせ 10.04.08

今年も例年通り『鴻巣山探鳥会』は実施されます。
と申しますのも、支部報には記載漏れとなっていたようなんです。って、本ブログの4月予定にも載ってませんでしたね。
大変申し訳ありませんです。代表が誠心誠意担当致しますです。多分。
下記要領にて開催されますので、どうぞ気軽にお出かけ下さい。

●(月例)鴻巣山探鳥会

日時:2010年4月29日(木曜、昭和の日)
   10時スタート(少し早めにお集まり下さい)
   12時頃解散予定
集合場所:平尾霊園入口藤棚
参加費:会員100円、一般300円
    (中学生以下は無料)
持ち物:筆記具、観察用具(あれば)、野鳥に会いたいという気持ち


よろしくお願いいたします。

荒尾海岸探鳥会お知らせ 10.03.24

野鳥の会熊本県支部Tさんより田字草さん経由で探鳥会のお知らせが届きました。
毎年行われている荒尾海岸探鳥会です。
越冬地で過ごしたシギやチドリの仲間が北へ帰る途中に数多く立ち寄る姿が見られるそうです。
田字草さんも昨年参加なさったそうですが、数と種類の多さに驚いたとか。
実は福岡支部も直接関わりがあるんですよ。ポスターの後援のところを見て下さい。「日本野鳥の会九州・沖縄ブロック」とありますね。福岡支部もその一員ですからね。
熊本県支部Tさんは同ブロック運営でもいろいろご活躍下さっています。
まあ、そんなことは抜きにしても、荒尾といえば大牟田の隣ですから、「そんな近いところでこんなもんがあっているなら行ってみようか」ということでぜひお気軽にご参加下さい。
100429arao.gif

PDF版A4印刷用ダウンロード

実はこの4月29日は福岡支部でも恒例の鴻巣山月例探鳥会があり、管理人Mは毎年そちらに行っています。
ということで、ちょっと気が引けないことはないのですが、皆さんのご都合に合わせて、あっちもこっちもどうぞよろしくお願い致します。

タカの渡る季節到来 09.09.08

早いもので、立秋からもう1ヶ月が経とうとしています。でもまだまだ暑いですね。
人間が暑い暑い言っている間にも野鳥たちはしっかりと冬の準備をしているようです。
今年もまた秋のタカ渡りロングラン観察会などが近づいています。

行事予定的には、
●片江展望台ハチクマ秋の渡り調査
 9月12日(土)~10月12日(体育の日)
 ほぼ毎日 9:00-16:00頃
●片江展望台ハチクマ探鳥会
 9月23日(秋分の日) 9:00-16:00頃
●能古島探鳥会
 9月23日(秋分の日) 8:00の船で渡って島集合、13:30頃まで
●福岡市植物園ハチクマ観察会
 9月20日(日)
 (片江展望台と連絡を取りつつ開催)

といったところですが、もちろん、毎月6回の定例探鳥会も行われますので、野鳥ファンの皆さんは目移りするかもしれませんね。お気軽にお越し下さい。

特に期間中ほぼ毎日実施する片江展望台の調査観察会は、発見カウント部隊にとっては楽しみでもあり、苦しみでもありで特別な感覚があります。
そんな片江展望台へ「行ってみたい」とおっしゃる方も数多くいらっしゃいますが、土地勘のない方にとっては、行き着きにくい場合もあるようです。
そこで、片江展望台への簡単な地図を作りましたのでご利用下さい。
kataemap2009.gif
油山観音のところを曲がらないで直進するところがミソですよ。

まだまだ情報があります!「続きを読む」をクリック!

続きを読む »

Top|Next »

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。