日本野鳥の会福岡 しぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと考えて・・・ 10.12.17

今津探鳥会のお世話係で当会の副代表 神園道男氏からの投稿です。

瑞梅寺川河口にある中州は、冬季を中心にクロツラヘラサギやヘラサギなどいろいろな野鳥が休む大切な場所です。冬季の重要なねぐらとなっています。
この場所に録音機を持ち込み、野鳥の鳴き声を録音した人がいます。
この場所は野鳥にとって大切なねぐらです。よーく考えて欲しい。
目的は何であれ、絶対に立ち入らないようにしてください。人が入ると野犬などが入ることによって、ねぐらとして利用している野鳥たちが大きな痛手を受ける可能性があります。
ご協力よろしくお願いいたします。

imadu_nakasu.jpg
■情報提供:神園、投稿:田字草■
スポンサーサイト

『ヤイロチョウ』に関する協力依頼 10.06.30

 日本野鳥の会宮崎の会員Nさんより、当会K副代表を通して協力依頼がありました。絶滅危惧(きぐ)種の渡り鳥『ヤイロチョウ』が繁殖する宮崎県御池(みいけ)野鳥の森で、バードウォッチャーの行動が繁殖に深刻な影響を与えているそうです。同地を訪れたことのある会員さんも多いのではないでしょうか。 また、「今年も行ってみようかな」と計画中の方もいらっしゃるかもしれません。
 そんなところの、野鳥観察制限を含んだ話ですので、ぜひお読み下さい!!
また、御池に限らず、「野鳥の保護と自然観察」の今後を考えるひとつの事例、ヒントとしても頭に置いておきたい大切な話だと思います。
 以下、Nさんの文章を抜粋し、掲載致します。
(Nさん、Kさん、ありがとうございます。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今シーズンの御池のヤイロチョウ、5月22日に、(場所A)で私1人で聞きました。その頃、(場所B)でも鳴いていたそうですから2羽は確実に鳴いたことになります。それから後は、(場所C)で数回聞かれただけです。それが今もいるかどうか。これほど鳴き声が聞こえない年はありません。本当に心配な状況です。

 昨年は、「都会から来た人が巣を作りかけているところを見つけた」とのこと。「2週間後に来てみたら、巣は放棄されていた」とのことです。遊歩道から見える所に‘巣をかけた’と言う話は聞きませんので、おそらく「行って欲しくない」と私どもがお願いしている問題の場所だと思います。案内する人もおりますし、以前に入った人のつながりで、平気で入って行く人もおりましたから、困ったものです。

 でも嬉しいことに、念願だった御池野鳥の森の‘立ち入り規制(8月31日まで)’が、関係の皆様の骨折りを頂いて、ようやく叶いました。これで、巣を探す人、巣の近くに立ち入る人が1人でも減ればと思います。そして、御池のヤイロチョウが復活すればと思います。

 営巣が成されているとすれば10日後くらいにはヒナが巣立ちするでしょう。その頃を狙ってウオッチャーが再び増えることでしょう。皆さん、自制して見て頂くことを願っています。福岡でも「行くつもり」の方がいらっしゃるかも知れません。もし、いらしたら、この‘立ち入り規制’の事をお伝え願えませんでしょうか。

 九州森林管理局、と言うより林野庁の考え方が希少野生動植物の保護に重点をおくようになってきたことが今回の措置に繋がったことと思われます。もちろん、環境省(えびの自然保護管事務所)も良く動いて頂きました。

 インターネットの
  6月10日付け、‘アクティブレンジャー日記「九州地区」’ をご覧ください。
                                
 以上、よろしくお願いいたします。

追記 6月6日に、この(場所A)で「行かないでください」、「いや、行く」と‘嫌なこと’がありました。
追記 息子は、5月末に九大の‘鳥班’の仲間と御池に来ましたが、アカショウビンすら見ずに帰りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★関連記事
宮崎日日新聞のHP

クロツラヘラサギにルアー 08.12.14

0812kurotsura_sg02.jpg
これは室見にお住まいのSGさん(会員さんではないそうですが)よりお送り頂いた写真です。
2008年12月13日に今津でのもので、その翌日にお送り下さいました。
写真を拝見して、2007年初頭の大野城市御笠川と東区多々良川のクロツラ死亡事件(両方とも嘴が折れて餌が採れずに死亡したものの、原因は不明)のことが頭をよぎりましたので、SGさんに許可を得て、支部役員さんより福岡県などへ連絡を取ってもらいました。
その後今のところは該当する個体は確認されていないようで(今津探鳥会担当など含めた情報)、ルアーが外れて無事に暮らしていれば良いなというところです。
釣り自体は良いものですが、糸や仕掛けの放置があちこちの水辺で見られるのがイヤですね。

以下、SGさんのメールをそのままご紹介致します。
SGさん、ありがとうございました。

毎週末、今津でクロツラヘラサギを観察することを楽しみにしています。
30羽くらいの群れから1羽だけ動かない固体がおり、まさかと思い写真を撮りました。
おそらくまだ、若い固体と思いますが今後が大変心配です。仮に、まだこのルアーのようなものがついているかと思うと気になります。
野鳥の会の会員ではありませんが、クロツラヘラサギが毎年多く来てくれると嬉しいです。
私のお送りした写真で役に立つのであれば、嬉しく思います。

カワセミ危機一髪 08.04.11

JMさんからもうひとつ投稿を頂きました。(いつもありがとうございます)
JMさんのお友達で支部会員でないsimanami04さん(御礼申し上げます)とおっしゃる方のブログにあったものだそうですが、会員の皆様にも見ていただいて「せめて自分だけはゴミを捨てない運動」を広めたいとの思いからしぶろぐへも掲載すべく交渉頂いたそうです。
管理人Mもこの運動に熱烈に賛同します(20年くらいは続行中のつもり)。

080411kawasemia1a2.jpg
カワセミが ダイブして あがって来たらこのビニール袋の中、暫くばたばたしていたそうですが、無事 ビニールを破ってでてきたそうです。

080411kawasemi333.jpg
ビニールから でてきた所。
顔に白いものがついて 茫然自失といった状態。

釣り糸の絡んだウミウ 08.03.15

3月15日に東の方の海岸で 岩の上で大人しいウミウがいましたので、カメラに収めました。
帰って写真を見てみると、釣り糸が巻きついているのです。
080316umiu_ito196.jpg
こんな悲しいニュースが後を絶ちません。
どうすればなくなるのか ポスターなどを貼ることが出来ないものか・・・
色々と考えさせられました。

□J・M□

Top|Next »

HOME

日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)

運営:日本野鳥の会福岡(ブログ管理人)
しぶろぐへようこそ
当ブログ掲載の写真
および文章の
無断2次使用、転載を禁じます

お気軽にご参加下さい!
毎月6箇所で開催中!

第1日曜:今津
第1火曜:春日公園(10時)
第2土曜:大濠公園
第2日曜:和白海岸
第3日曜:天拝山
第4土曜:久末ダム

いずれも朝9時から12時(夏場は一部8時から11時)です。
参加費:会員100円、会員外300円
(中学生以下無料)

鳥を通して自然や季節を楽しもう!
探鳥マップ記事へ

記事は新しいものほどトップに掲載されています。↓から「最近の記事」「ジャンル」「検索」などの機能もご利用いただけます。どうぞお楽しみ下さい。
投稿も大歓迎です!
柳生会長からのメッセージもあります。


必ず↓カテゴリーからルールをご一読下さい。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。